特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
仮面ライダーキバ 最終回・シリーズ総括感想
L4Dでゾンビ狩りとかしてたら、もう次の仮面ライダーが始まりそうになっているので、その前にキバの感想アゲw




最終回感想


あ~そうか、何でキバット2世が太牙に協力しているのかと思ったら、お母さんを殺せなかったからか。前のキングの時は、お母さんを苦しめたとかで、キング倒すのに音也に協力したしなあw

しかし、最終ボスが結局前のキングが再復活しただけだと、ちょっと拍子抜けかな(^^;
ファンガイアはライフエナジーを集めれば、死んだ仲間を復活させられる事は放映当初の展開でやっていたが、一度倒した相手がそのまま復活するだけだと弱いな~。まあ、そこの部分よりも前に戦った時に、音也イクサの腕が変な風に脱げて飛んでいった部分を生かす為の展開か。

最後に次のキバ継承者が未来からやってくるのは、3度目の電王映画とかでもやったので、少しタイムトラベル色が強くなってしまったが、「ネオファンガイア」とかまで現れたのは少し面白かった。ゲルファンガイアとかも居るのだろうか?





シリーズ総括感想

前代の「仮面ライダー電王」が、意外なくらいに盛り上がっていたので、キバもかなり変った展開を要求される事になり、2世代に渡って怪人と戦う仮面ライダーが登場した。しかも電王の「仮面ライダー史上最弱」と呼ばれる主人公の虚弱体質を真似てか、キバの主人公の紅渡は、「引きこもり」で「心が弱い」という設定。本当にこんなので大丈夫なのか!?──という感じに始まった。

・・・いや、まあ、結果的にその部分はやはり駄目だったのだが(^^;
昼に戦うシーンが多いので、結局、引きこもり設定は早々に消え、「何で僕が戦わなくちゃならないんだろう」と、非常に不安定なまま戦い続ける事に。特に2世代で戦う事で、父の世代とは別展開する必要があった事も大きかった。ぶっちゃけ、キバは強いが、主人公像としては、イクサで戦う父親の方が常に目立っていましたわ。


・素晴らしき青空の会


主人公親子を結びつけるのが、この対ファンガイア組織。そして切り札となるのが、イクサシステム。過去編では渡の父の音也が、現在編では名護啓介が仮面ライダーイクサに変身する。
音也イクサは過去編の主役ライダーなのだが、名護については、これまた非常に不安定な存在に(^^;
渡が積極的に動けない性格の分を、名護とその相棒の麻生恵がカバーするのだが、名護が正義感優先のクールな性格なだけならともかく、過去編に負けないくらいの展開を要求するあまり、名護ばかりが悪い方向に暴走したり、急激に落ちぶれたり、いつの間にか丸い性格になったりと、痛々しい百面相をする羽目に(^^;
しかし、恵については実は「2世代に渡るヒロイン」という事で、母のゆりの後を追い、宿命のファンガイアと見事に決着を付けてくれた。
そこは良かったのだが、青空の会の全体像が「ファンガイアと戦う」という部分以外、殆ど適当に造られている気がしましたわ。恐らく、その部分を厳密に設定しちゃうと、番組として自由度が無くなって、後からストーリーに手を加える事が出来なくなる所為かも。特に玩具メーカーが深く関わっている番組だと、完全に予定通りの展開なんて、望めないしね(^^;

・3人のモンスター

勿体ないなと思ったのは、次狼(ガルル)・ラモン(バッシャー)・力(ドッガ)のモンスター組。
過去編では直接的に音也と関わっていたが、現在編ではあくまでも武器&お城で待機としてしか登場出来ない。
この番組の中では結構キャラが立っていたから、もっと活躍するかと思ったのだが、電王のお供怪人が目立ち過ぎた所為か、現在編では、部分的にしか登場出来なかったな。モンスターが武器やアイテムになる設定は、キバの他の部分でも見受けられたので、それをもうちょっと生かしたらもっと面白くなったかも。
まあ、個人的には響鬼の頃に贔屓目で観ていた斬鬼さんが、次狼として活躍した方だったから良しとするか(^^;

・黄金のキバ

ファンガイアのキングの伝承鎧であるキバ(エンペラーフォーム)が、ハーフのファンガイアである主人公が所持し、キングは仮の鎧(過去編では「闇のキバ」、現在編では「サガ」)を着るという矛盾。
それを発生させたのが、父の音也であり、その子供の渡が敵対的な2種族を結び付ける。

仮面ライダーという存在が、敵である怪人と深く関わっているのは、初代仮面ライダーの頃から続く物。平成仮面ライダーの時代になってからは、組織というよりも種族として、その狭間で戦う主人公像が描かれている場合が多い。必ずしも正義とは呼べない状況でも戦う意味を模索し、戦い続ける仮面ライダー。
キバの主人公が選んだのは「戦わない為に戦う」という矛盾した答え。それが呼び込んだ物こそが、最後のハッピーエンドに繋がった。・・・と思いたいw

次の仮面ライダーはそんな平成ライダー達の戦いを総括する物のようだが、はてさて。
[PR]
by narukami_x | 2009-01-24 20:51 | 仮面ライダーキバ
<< うーむ、繋がらん 2009年正月映画 >>