特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
.hack//ROOTS 最終回


今週は風邪気味で今頃「.hack//ROOTS」の最終回を視聴~。

かつて無い程の長いプロローグが終了して、それではゲーム本編をお楽しみ下さい・・・ってか!?

うーむ、「.hack//SIGN」もそうだったが、これまた謎を散りばめたあげくに何も明かさないで終わりだな・・・。SIGNでは主人公がヒッキーを止めて終わったので、ある程度の収拾が付いたが、ここまで主人公がグレまくるだけで引っ張って「戦いはこれからだ!」で終わっちゃうとなあ。マルチメディア企画の一端というよりも、壮大な「ゲーム販促デモ」としか言い様が無いな。

一応、このアニメのミソはというと、アニメオリジナルキャラの方にあったりする。
・・・アニメシリーズのスッタフサイドでは、そこら辺しか自由に弄らせてもらえなかったとも見える。ガンダム並に縛りの多い企画だよな。

最終回でのじいさんキャラのフィロの死去が、グレたハセヲの更生と間接的に関わるのが最後のタネだったのだが、前に似た様な設定を篠房六郎のネトゲ漫画「ナツノクモ」で既に読んでしまったので、いまいちだったかな。プレイヤーの居なくなったフィロのキャラを、親類と思しき人物が動かす演出があったが、一瞬、「じいさん、とうとうボケたかっ!?」と見えてしまったり。さすがにそれは無かったが、アニメ版「ローゼンメイデン」(一期目)の老人介護展開の前例とかもあったしなあw
それよりも個人的にはROOTSの最大のミソは獣娘タビーにあったと思う。
・・・別に『獣萌え』とかでは無くて、ハセヲとタビーの関係についてですわ。
ハセヲが当初所属していた「黄昏の旅団」とタビーが改めて作ったギルド「肉球団」の人間関係が「オーヴァン←志乃←ハセヲ」=「ハセヲ←タビー←清作」と似た関係で繋がっていた事。そしてタビーに振られた清作が、鼻の下を伸ばしながら他の女性キャラを勧誘しているのと、ハセヲがひたすら志乃を想い続けている事との対比が観れましたわ。
・・・それだけなら、まだ良かったのだが、ハセヲ×志乃の思い出の場所で延々と志乃まみれの回想シーンを垂れ流しまくるのは、いくら何でも強調し過ぎじゃっ!! あまりにも長過ぎて、いい加減うんざりしてきた所で、ようやく番組終了・・・。



──そういえば、最終回に銀漢が居たな・・・。

唯一「.hack」TV放映シリーズ3作全てに登場したのだが、1作目の「.hack//SIGN」では、紅衣の騎士団の分隊長として活躍するが、主人公「司」の違法モンスター攻撃に遭ってリアル病院送り。そして敬愛する騎士団長様は司に取られてしまう・・・。2作目「.hack//黄昏の腕輪伝説」ではシステム側の横暴から主人公のショーゴ達を助けるも、自分はあっさり捕まり、磔刑の上にクルクル回されて射的よろしく弓で射られ、見せしめにキャラデリート処分・・・。そして今回は最終回で、ハセヲに「お前とは友達になれそうだ」と今頃近寄るも、完全否定・・・。

そろそろこのゲーム辞めたらどうだ、銀漢?
[PR]
by narukami_x | 2006-09-30 14:27 | アニメ・漫画
<< 2006年9月鑑賞映画の感想文アゲ ウィッチブレイド >>