特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
仮面ライダー電王 最終回&総括
また風邪引いて治ってないが、最終回ぐらいはリアルタイムで観ようと起き上がる。
・・・そしてそのまま昼迄、テレビ点けっ放しw テレビ観過ぎだよなあ。

それはともかく、電王の最終回はいかにも最終回らしい出来でした。
全員集合して最終決戦!
・・・ここ数回で仲間達と自己犠牲的な別れをした筈なのだが、あっさり仲間が帰ってきやがりました!! ついでに半年前に出番が終わった筈のジークまでちゃっかり登場! ジークが出てくるならウィングフォームになっても良かった気がするが、そこまではやらなかったかw

例の如く、仮面ライダー電王のシリーズ通しての総括&感想を書いておきますわ。





電王とデンライナー

始まると同時にコミカルなド不運っぷりを披露する主人公。今までの仮面ライダーでは最大級のメカを乗り回し、巨大化する怪人と戦う仮面ライダー。

最初に観た感想は「戦隊物」っぽいでした。

平成仮面ライダーは毎年ファンが入れ替わるくらい、各シリーズでイメージが変わり、仮面ライダーがバイクに乗る乗ってないとかで揉める事が度々。そんな中で「電車」!? しかもタイムマシン的な要素まである!!?
時間改変物はストーリーを都合良く改変させる事が多い。しかも前年の仮面ライダー「カブト」では、同じ要素を持っていたが、その部分では「失敗」したとも言える。
こんな感じで上手く行くのか甚だしく不安でしたw



イマジン



所謂、「怪人」にあたるのが『イマジン』という存在。
平成仮面ライダーシリーズでは、怪人は単なる悪党では無く、それぞれが違った目的を持ち、敵対するばかりではない。電王においては、イマジンの一部の者は主人公といつも一緒に居て、あまつさえ主人公に憑依して、むしろ仮面ライダーの主体として戦うのはイマジン自身だったりとかなりの異色。

主人公に取り憑いたイマジンは主人公を乗っ取って人格が変異する。当初は鉄パイプで人に襲いかかったり、嘘を付きまくって複数の女性を口説き落としたり、公共良俗に反して所かまわず踊り狂ったりと、「良いのかそんなヒーロー!?」という感じでした。
それをどう纏めたかと言うと、主人公とその姉の徹底したボケキャラっぷりと、ヒロインの鉄拳制裁。相当に強引だったが、慣れてくると「電王」ならではの寸劇が結構楽しく観れる様になりましたw

それというのも、主人公がイマジン人格に入れ替わる時、イマジンの声(声優)に変異するという部分にある。
よくある多重人格役では、性格はともかく極端に姿が変わる事が無いのだが、声が完全に変わった上で主人公の演技パターンがガラリと入れ替わるので、本当に入れ替わってるかの様にも見えてしまう。平成仮面ライダーの役者は新人が多い為、かなり演技下手なのが通例なのだが、表情まで含めて、これだけ異色の役柄をそつなくこなしてしまうしまう主人公役にも感服ですわ。



ゼロノスとゼロライナー

話の核心部分にかかわる仮面ライダーが登場。
実の所、主人公は話の中心では無く、その周りの登場人物こそが歴史改変にかかわる重要な鍵を握っている。本当に主人公は不運のあまりに「巻き込まれただけ」だったオチ。まあ、平成仮面ライダーの主人公の多くは、「戦わなければならない」のではなく、自分で「戦う事を決めた」存在で有り、電王も例外ではない・・・のだが、あまりに頻繁に主人公がぶっ倒れるので、代わりに戦ってくれるライダーが!(笑)
ゼロノス登場によって、デンライナーとイマジンのタイムリープが、人間の記憶に従っている情報が齎される。

ゼロライナーが最初にどうやって現れ、ゼロノスに変身する桜井侑斗が、どうやってその変身能力を授かったのかについては謎のまま終わった。
───と思っていたが、公式ホームページのゼロライナーの設定によると、ゼロライナーは時の運行を守るスーパーコンピュータを積んでるとか。特に番組中では説明無かった気が・・・。



劇場版

話の前半部分は全てここに収束し、私はここが電王のクライマックスだと言って過言では無いと思う。
前作「カブト」でも、劇場版と本放映は一部繋がりがある様に見られたが、電王では完全にリンクする形で放映された。人間の記憶が歴史にどの様な意味を持ち、ライダー達の乗るデンライナーもそれと密接に関わっている事が明かされる。

ちなみに電王は劇場でも子供にかなり受けが良く、小さな女の子まで電王の事を一生懸命話してたのが、印象的でした。仮面ライダー「ブレイド」の劇場版の時なんか、近くの子供が「つまんないからもう帰ろうよ」と泣き出したりと、ショックを受けるくらい平成仮面ライダーの映画は、子供には受けが悪いのが多かったからな~。



カイ

イマジン達に歴史改変を命じる元凶の存在の青年「カイ」。
主人公と同じく、時間改変の影響を受けない特異点的存在とされるが、その能力は主人公の能力を大幅に超え多岐に渡る物で、さらには「記憶を持たない」という特徴を持つ。この物語の主題「人の想いが未来を造る」と相反する特徴で、いかにもラスボスっぽいのだが、それゆえに歴史改変が彼だけの意思による物なのかがよく分からない。
そもそも何でこんな能力を持ち、わざわざ歴史改変する羽目に陥ったのかも不明。物語の重要な部分ではあるが、電王はそこら辺はすっかり投げちゃったと、ある意味凄い潔い構成w



『人の想いが未来を造る』

イマジン達は人間のイメージによって姿を得る。イマジンは主人公に憑依した事で独自の心を得る。ゼロノスという仮面ライダーは人々の記憶から戦う力を得る。
その人間の記憶や心に関する部分以外はというと、ぶっちゃけ、かなり都合よく改変しちゃったり放置してたりしたのだが、それにも関わらず、この物語はかなり人気があった。
歴史改変であちこちにタイムパラドックスが存在するのだが、それは自然に捻じ曲がり今現在に繋げられる。
実のところ、デンライナーに乗っている連中のやり取りがかなり面白く、前半部分でそれがしっかりと定着した為、物語の主題はそこにこそ存在する様になり、他の部分は追加要素でしかなくなっていた。
その部分ではイレギュラーなヒロインの交代が途中にあったのはかなり痛く、それは最終回まで響いていたと思う。(最終決戦最中でようやくヒロインの真実解明って、ギリギリ過ぎるよ(^^;)
まあ、それだけキャラクター性が強かったって事だねえ。

次の仮面ライダーは既に予告されているが、今後もこの仮面ライダーシリーズが続くかは、仮面ライダーの戦いとそれを観る人達の想い次第。まあ、途中で何度も「分岐点」が現れるだろうが、電王みたくぶっちぎってくれる事を願ってます。
[PR]
by narukami_x | 2008-01-21 00:20 | 仮面ライダー電王
<< 仮面ライダーキバ 1・2話 2008年の録画 >>