特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
2008年 09月 29日 ( 1 )
今期も終了か
9/27にSONYが新HDDレコーダーを販売し始めたが、各電機店を覗きに行くと、旧型の期末在庫処分ばかりであんまり目立たないわw
仕事は期末でまた忙しいが、観ていたアニメも色々終了。とりあえずメインで観ていた物だけでも感想書くか。



コードギアス

コードギアス終了で描き納めって事で、紅蓮弐式を描いていたら、まんまプラモのパッケージの構図に。それで描き直したが、何か全然違うスーパーロボットな感じに(TT) 右手の爪を目立たせ様とすると、決まった構図じゃないと格好良くならんわ。<単に下手なだけかw

アニメの最終回についてだが───どうもなあ、分かっていても破滅的な自己犠牲ENDは好かんわ。ストーリーに直接は関わってないとは思うが、CLAMP絵でその終わりだと「また、これか!」と、どうしても思っちゃうんだよなあ。

全体的な流れとしては、1期目と2期目の前半辺りまでは結構好きでした。
ギアスの能力を巧く利用して自分に有利な状況を組み立てていくのは、まだルルーシュが影で動くテロリストの内は効くが、R2後半の表の指導者の立場に立つと管理する部分があまりにも多く、そこで無理矢理ギアス使わせるので、かなり都合良過ぎたり、ギアスを理由に途中経過を飛ばしたりする部分が頻発して来ると、一期目で面白いと思った部分が半減しましたわ。

R2後半辺りになってくると、視聴者を引っ張る為の衝撃的展開──昔のジェットコースター風のドラマ的展開に。・・・いや、今でいうと「24 -TWENTY FOUR-」的というべきか? 24はインターネット投票で展開が変わる仕組みがあったが、コードギアスも視聴者の反応を気にして、意図的にそれを裏切る展開にした様な部分があるしなあ。ただ、期間と行動地域を限定しないで唐突な展開をするので、期待や予想など無理で、重要なシーンでも「ああ、そうなの」としか反応出来ず、感情移入しにくかった。

R2で、それぞれのキャラクターの立場が明確になっていく──と思ったら、それがコロコロ変わる。さらにロボットや兵器の設定もコロコロと変わるので、どうも何を基準に楽しんだら良いのかよく分からない作品でしたわ。

まあ、メディアミックス化がかなり進んでいる作品なので、自分の好きな部分で楽しめって事か?
エヴァンゲリオン的なオカルト設定と、ガンダムばりの政治・主義闘争、それに学園物を付け加え、美少女達ととヤヲイ臭のする少年等々、売れそうな要素のごった煮だったが、いまいち巧く混ざらないまま終わった感じで消化不良・・・。


マクロスFRONTIER

マクロスといえば「歌」は重要な意味をもつのだが、実は私はその部分があまり好きでは無かったりする。それ以外の部分はというと、マクロス固有の戦闘メカ群なのだが、放映当初はその部分のテンポがかなり悪かったので微妙でしたわ。

だた、回を重ねる毎に戦闘シーンはこなれてきたし、歌もBGMに近い(ミュージックビデオに近いともいう)表現で使われる様になり、ある意味では完成されたミュージックアニメ?とでも呼ぶべき出来になり、結構楽しめましたわ。
過去のマクロスシリーズの設定を、必要な部分だけ踏襲して魅せてくれた部分も大きいかな。

後は、何故かマクロスシリーズでは執拗に拘る微妙な設定の、主人公達の「三角関係」についても、普通だとドロドロな展開になりそうな所を、全く無しで見せてくれたおかげでもあるか。
ヒロイン2人と主人公の三角関係は勿論、それ以外のキャラクター関係や、そもそも人類・ゼントラーディと敵であるバジュラ、その影で策動する第三者の存在と、色んな部分で三角の関係性が見えたのは、面白かった。

ラストはちょっと綺麗に終わり過ぎた気がしないでもないが、映画化も決定していて内容は恐らくは続編となるだろうと思われるので、もう少しは楽しめそうか~。
[PR]
by narukami_x | 2008-09-29 00:33 | アニメ・漫画