特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
カテゴリ:特撮全般( 4 )
夏に観た映画 その2


職場の近くで祭りをやっている様なので、行ってみた。
通称「だらだら祭り」。期間は9/10~9/21。

・・・・・。

通りに提灯を並べ、神社前に寄付金の表札が掲げられ、御輿もおいてあったが、当番員らしき人たちが適当に座って喋っているだけで、他に誰もいない。1000年の歴史を誇る大きい神社なのだが、9/16の例祭まではこんな調子らしい。

私もなんか最近だらだらし過ぎて、いつの間にか既に9月中旬・・・。もう秋の映画も始まっているが、夏の映画の感想文を一応書いておく。

感想はこちらだが、全部ヒーロー映画じゃ!
[PR]
by narukami_x | 2008-09-13 20:35 | 特撮全般
クライマックス刑事
相変わらずモンハン続けておりますが、仕事が忙しくて時間が取れないせいもあって、なかなかランク上がらないですわ。
お絵描き掲示板も久しぶりに描いたが、もうツールの使い方忘れちゃってるわw



正月から映画も観に行ってなかったので、休みの合間に行ってきたのが、「仮面ライダー電王&キバ クライマックス刑事」。

最近では仮面ライダーのリバイバルで各ライダー共演というのはあるが、放映中のシリーズでは無かった。何故かというと、平成仮面ライダーになってからは、各世界観に共通性が無いから。ストーリー性重視の結果、他シリーズと合わせると整合性が取れそうもないからなんだが、電王は元々そこら辺がかなりアバウトだったし、人気高かったので「やっちゃって大丈夫かも?」な感じで合わさったのかは知らないw

内容は予想通り、キバがストーリーに関わるのはちょっとだけで、基本的に「電王映画」でしたわ。
キバは22年前の過去シーンと現代のコラボが売りなので、時間跳躍するデンライナーとどんな風にからむのかが興味あったが、「ついで」な感じでからんだだけだったな~。ガッカリ・・・。
まあ、電王からキバにシリーズ移行する際のDVD企画予定が、遅れて劇場版公開になっちゃったっぽいので、仕方ないか。電王ファンとしては、サービス満点な映画でした。まあ、サービス部分が多過ぎて、デンライナー面々とキバをそれぞれ活躍させる戦闘シーンが長くて、ちょっと「クライマックスし過ぎ」だったかも(^^;



後は週末に録画して未見だった「ステルス」を視聴。
CG部分は評判良いのだが、ラスト部分でやたらと叩かれている映画なので、一応チェックしてみるかとw

うーん、かなり軽めなノリだが、空戦部分に関しては結構好きですな。ラストまでそれで行けばかなり評価高かったと思うのだが、何でラストが北朝鮮で地上戦なんじゃw
少し気になったのは、AIステルス戦闘機が架空の作戦を実行に移そうとした部分。登場人物の会話でその部分が強調されるので、それでクライマックスまで行くのかと思ったら、それを無理にプロパガンダ的にストーリーラインをねじ曲げた気がしないでもない。ハリウッド映画では時々ある事・・・。

───などと思いつつ、貯まった「マクロスF」の録画も視聴。
マクロスはどの続編を観ても、微妙な気分になるんだよなあ。「歌」は外せない要素と分かっていても・・・。
[PR]
by narukami_x | 2008-04-23 00:17 | 特撮全般
しにがみのバラッド。
小説じゃなくてTVドラマを観ていますわ。ちなみに原作小説はまだ読んだ事はない。


フォーサイド・ドット・コム提供の深夜枠の30分ドラマ版。フォーサイド・ドット・コム提供のドラマはあまり出来がよく無いのだが、深夜ドラマは特撮ヒーロー物に出てきた役者が結構登場する率が高いので、何となく気になって続けて観ております。この前に放映していたドラマ「半分の月がのぼる空」では主人公がマジレンジャーのマジレッドだったりします。

ドラマの方は短編なのだが・・・短編毎の登場人物の方は別に問題ないが、主人公の白い死神と仕え魔が出た途端、ヘナヘナと気が抜ける・・・。餓鬼んちょ仕え魔は演技下手でも仕方がないと思うのだが、死神のたどたどしいセリフ読みと合わさると、破壊的に雰囲気ぶち壊し(TT) 劇場版「どろろ」も一歩間違えたら、あんなんになったのだろうか?
とりあえず、原作ではどうなんだろうと思って検索してみると・・・あれ? あの餓鬼んちょ居ないぞ?
その代わり、死神の女の子と一緒に羽の生えた黒猫がいつも一緒に居る絵が載っている。

───はっ!? ま、まさか、こいつが仕え魔なのか!!?

ますます気が抜けてきた・・・。

猫をそのまま使うのは無理でも、もうちょい、どうにかならなかったのか!?
ドラマはまだ続いているが、原作ファンの間では早くも黒歴史化。
ちなみに私はそれでも観ます。
何故なら、今週と来週の登場人物が仮面ライダー「電王」と響鬼の威吹鬼弟子「あきら」だからだっ!
<それしか無いのか?
[PR]
by narukami_x | 2007-02-22 03:12 | 特撮全般
ライオン丸G
しばらく観ていたライオン丸Gが終わった。



かなりぶっ飛んだ特撮ヒーロー物だったが、最後までぶっ飛んでたな。
文字通り、ジョーさんが「ぶっ飛んで」終わった・・・。
主人公が現代ではホストで生計を立てている(いや、全然立ってないかw)上に、チンピラな敵をわざわざ変身して倒すとか、よく見るお笑い芸人が登場しまくったりと、相当おかしいヒーロー物だった。ただ、ノリだけは異様に良かったのと、内容とは裏腹にまともに剣撃していたので、結構楽しく観てましたわ。



とりあえず、少し前に描いたジョーさんも一緒に上げ。あんまり似てないがw

最終回は普通に終わらせるか、またノリで倒しちゃったりするのかと思ったが・・・何だ、その抹殺展開はw
そんなマジメなノリで良いのかよ!?
──と思ったら、最後にオチを付けてくれました。ジョーさん、実はこっそり死亡フラグ立ててたのか。
ますます獅子丸の立つ瀬が無いのが、Gらしいと言うべきかw

1クールという短い放映だからこそ、出来た無茶設定。GAROとは真逆の意味で大人向けの特撮ヒーローだったな~。

とりあえず、次はそのGAROのスペシャル放映の感想を上げ予定。
[PR]
by narukami_x | 2006-12-28 03:11 | 特撮全般