特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
カテゴリ:仮面ライダー響鬼( 38 )
仮面ライダー響鬼  三十七之巻「甦る雷」 2005/10/23


───あ、あれ? 何か違うぞ!?

HDDレコーダー止めて確認したが、別にスタッフに変わりは無い。
ここ最近、ギクシャクと歯車が噛み合わない展開を続けていた響鬼だが、前回の格好悪い朱鬼登場とは裏腹に、今回はピッタリ歯車が噛み合って、観ている分にも快い。

具体的にどこら辺が違っているかというと、まずBGM。最近は、単に煽るばかりに鳴り響いていたのだが、今回はかなり穏やかにシーンに合わせて奏でている。明日夢パートでは相変わらず桐矢が「俺は弟子になる」とか明日夢に宣っていたが、少年が思わしげにするシーンのみでサラッと流した。そして30話以降、変に態度がデカくてぶっきらぼうな物言いしかせず、「不器用」然としていたヒビキさんが、前みたいな含蓄ある言葉を優しく囁いている。

───はっ、もしやこれは年に数回あるという「特別回」なのか!?

白倉Pが関わっている仮面ライダーは、大体、敵味方共に陰謀渦めく展開ばかり続くので、少し路線を外して撮ったりすると、結構目立つんだよね(^^;)
・・もっとも、私が斬鬼さんびいきなので、特に活躍の多い今回は余計によく見えているだけかも知れんがw

朱鬼は予想通りに今回で出番は終わりました。
気になっていた朱鬼と魔化魍ノツゴとの決着だが、嫌な気分にならずに上手く纏めてくれましたわ。朱鬼が前回の冒頭辺りの生け花教室で言った言葉「死にゆく花を生かす様に」は一応、その最期にかかっていた様ですな。
斬鬼の師弟関係の矛盾について一部で取りざたされているが、前回の斬鬼と轟鬼の会話をもう一度聞いてみると、どうも朱鬼はザンキさんの師匠の一人というだけで、鬼を辞めさせられた後は別の鬼の先代「斬鬼」が師事したのではないかという気がします。アキラの扱いからしてみても、師匠が代わる事はそれ程珍しい訳でも無さそうだしね。それと朱鬼が実際はかなりの高齢で、「何人もの鬼を育てた」という言葉がそれを裏付けているのではないかと。

あ~、そういえば、朱鬼が式神召喚をアキラに見せて、「昔の鬼は皆、こういう力を持っていたものだ」とか言っていたが、映画に出てきた戦国時代のディスクアニマルはやはり完全に忘れた方が良さそうだ。まあ仮面ライダー映画は毎年「別世界」扱いになる設定をしちゃうのだが、響鬼の場合はテレビ放映後の映画宣伝に、紙製の式紙をわざわざ出したあげくに、公開時はディスクアニマルだけしか出さなかったりと、何でそうなってしまったのか、かなり謎ですわ。

次回は珍しく天然野郎の威吹鬼が苦悩する回。イブキ・アキラの師弟関係問題が決着するのかは分からないが、とりあえず桐矢も弟子宣言した事で明日夢との関係に変化が起こる・・・かな? っていうか、してくれ(TT)
[PR]
by narukami_x | 2005-10-24 00:04 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼  三十六之巻「飢える朱鬼」 2005/10/16


──変身忍者「嵐」見参!
嵐は石ノ森章太郎の漫画をちょっと読んだくらいで、実写は殆ど観た事なかったりします・・・。
今回登場したのは、鬼が少なかった時期の代用品の「鬼の鎧」という事だが、着る為に修行しないと駄目なら、鬼と同じな気もw 敢えて言うならば、「音角」の代わりかな。まあ、そもそもデザインソースが違うから、明らかに場違いな格好の奴が歩いてくるのに苦笑。(特に目)
それはまあ笑って流すとして・・・やっぱり、朱鬼がなあ・・・。
555のベルトよろしく、戦闘中に変身グッズを落とすという大チョンボした轟鬼(今まで落とした鬼は居ないのだが)から、すかさず音錠を拾い上げた、斬鬼の(元)師匠。とうとう女鬼が登場!

・・・うわあ、格好悪い・・・。

スカートもどきな前後のタレに、響鬼当初からデザイン的にどうかと言われていた、鬼の面が、顔の前面にあんなに大きく・・・。それに音撃の竪琴をポロンポロンと弾くのだが、周囲にポヤーンと広がる変な光線(音波だが)が、これまたさっぱり強そうに見えません・・・。まあ短期間にしか登場しない鬼だから、そんなにデザインに拘らんでも良いのかも知れないが、脇に女鬼になる事を目指しているアキラが居るしなあ。
ちなみにその陰で裁鬼さんがまたもや敗退。最初は斬鬼さんが抜けたフォローで登場したが、ヤマアラシに病院送りに。復帰戦のカッパにも負け、そして今回の嵐鎧に斬られまくり。もうヤラレ雑魚鬼ですw


さて鬼パートはそんな様子だが、明日夢パートはどうかというと───
何だ、ストーカー桐矢の引きは、やっぱりまた拍子抜けじゃんか・・・。アキラに全然構って貰えなかったのを逆恨みしたのか、鬼弟子として揺れ動いていた彼女の心をグサリとする科白を連発。ついでに脇に居た明日夢にも嫌がらせ。明日夢はそんなに桐矢に何も言い返せない。色々とショックな事は分かるが、友人が侮辱されて黙っているのもどうかと思うよ。前に万引き少年に仕返しされてヘコんでいた頃と、明日夢は何も変わって居ない様にも見える。あの時のヒビキとの邂逅は彼に何の成長ももたらさなかったのか? いや、そんな筈は無い・・・。
二人は、そんな上辺しか見ていない桐矢の言葉に翻弄され、アキラは斬鬼さん預かりになる。それは斬鬼の師匠である朱鬼への展開へと繋がっていく。その流れは別に悪くは無いのだが、問題は桐矢だ。

30話以降の響鬼について、あんまり否定的な視点で捉えるのもどうかと思ったので、それと同時に登場し始めた桐矢少年について、響鬼という物語の中でどの様な意味を持っていて、どう捉えるべきなのかと考えてみたりしたのだが・・・結局、彼は話の展開上で「都合の良い」キャラであるとしか言えない。
明日夢とは「悪友」とも呼べる関係を築くのではないかと思ったが、今回の物言いはそれを裏切る様な発言だった。そして彼自身についても今のところ、登場当初と何も変わらない態度を取り続けている。新展開の起点としては存在しているが、それ以上の存在への変化を拒否──もしくは無視されている様だ。
今後の展開は分からないので、彼がどうなるのかなんて予測もつかないが、桐矢の立場が現状のままで居る限り、彼は30話以降の響鬼の象徴であり──そしてそれ以前の響鬼が好きだった視聴者には「ガン」 としか映らないだろうと思う。
まあ、桐矢については、この調子のまま最後まで続く訳ないから、結局、今後の変化に期待するしか無いんだよな・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-10-16 20:49 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼 三十五之巻 「惑わす天使」 2005/10/9


か、かゆい! 体中をかきむしりたくなるっ!!

あ~~~、もうっ! 男連中はどいつもこいつも駄目人間やっ!!
・・・まあ、単に私が恋愛話が苦手なだけだがw
威吹鬼は天然だから良いのだが、個人的に気に入っていた斬鬼さんが、単に株を下げただけであっさり退場したのが頭痛いわ。逆にヒビキさんは株を上げたのだが、少年との関係が「人生の先輩」から「親友」に格が下がった気がする・・・。とりあえず最近強かった「無神経」という属性を消した事で手を打つか?

今回は「ウワン」後編で、成体になった魔化魍「ウワン」が登場。一時、おけらかと思ったが、成体を見ると、どうも蝉とコオロギの合体魔化魍の様ですな。文様を持つタイプは自然発生の魔化魍ではなく、洋館の男が生み出した合成魔化魍という設定らしい。時季はずれに蝉の鳴き声を出す事で、登場の前兆にする事を狙ったのかな。
戦闘ではアームドセイバーによる音撃がようやく登場。玩具CMで既に公開していたが、威力的には紅の「灼熱、真紅の型」並に一撃破壊出来る上に飛び道具ってのがミソらしい。
それと最終音撃は3人の鬼それぞれに見せ場があったが、何より今まで適当に太鼓を叩いた響鬼が、まともに拍子を取って叩き始めたのが、一番「変わった」と感じた部分か。


──で、ラストはまた桐矢の「ストーカー」な引きかよ!?

明日夢経由では響鬼に近付けそうもないので、今度は鬼弟子の彼女に乗り換えようって寸法か? 方法はともかく、これでアキラと急接近する様な展開になったら・・・誰か早いところあいつに天誅な展開してくれんか(TT)
[PR]
by narukami_x | 2005-10-09 14:24 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼 三十四之巻「恋する鰹」2005/10/02


今回の魔化魍は蝉の幼虫で、蝉の穴に人間を引きずりこんで餌食にする。「うわん」という妖怪でその特徴は・・・あれ? 私は妖怪には比較的(といっても興味ない人間と比べてだが)詳しい方だと思っていたのだが、名前以外はよく憶えてないな。──こんな時こそのインターネット、助けてGoogle様!・・・ってな訳でさっそく検索。
結果は「うわん!」と鳴いて人を驚かし、こちらも「うわん」と答えないと墓穴や棺桶に引きずりこむ怖ろしい妖怪───ってのは、戦後に妖怪話を編纂したときに創作された物らしいw 九州地方で「お化け」を表す言葉に「ワン」「ワワン」「ワンワー」などが「うわん」の連想となり、妖怪絵巻にその姿が描かれたらしいが、それ以外は無い正体不明の妖怪だとか。響鬼的にはこの後、羽化まで行くのかな?

とりあえず、結構キャラが立っている所為か、最近やたらと登場するトドロキが主役の回ですな。
・・・で、トドロキって日菜佳とまともに付き合ってたんだっけ? 今まで観て来た限りでは、トドロキは日菜佳の事を嫌とは思ってないが、彼女の強引さに辟易している感じがあったのだが、今回のはいつの間にか関係が逆転しているな。
それと合わせるかの様に、明日夢もひとみを意識し過ぎて、悪い方向に向かっているのだが──原因はラブレターっぽい手紙をひとみが桐矢に渡した事。
あ~、私、この「勘違いによるすれ違い」って展開、かなり嫌いですわ。定番な展開だが、555でも散々それをやった後だしな~。
恋愛に疎そうなヒビキもそれに公私ともに巻き込まれる事になり、明日夢の様子見伺いな感じで安達宅にお邪魔する。・・・あれ? ヒビキさん、料理下手だったんだっけ? 魔化魍退治で野外でキャンプとか結構している筈なので、下手な訳ないのだが・・・。そもそも、ついこないだも明日夢と一緒にキャンプしたじゃん・・・って、あの時は明日夢が作ったんだっけ。よくよく考えてみたら、そこら辺は相方が全部用意してたんだよな。音撃棒は作れるのに団子の箱詰めは下手だったりとか、どうも「戦闘関連以外はとことん不器用」って設定がある事に、今頃気付いたよ・・・。

ちと話が逸れたが、今回は色々と演出をやり過ぎて、ちぐはぐな感じですわ。特にあきらが未だに弟子から進歩しない事で落ち込んでいる辺りは、今回では無くて別の回に回した方が良かったと思う。トドロキと明日夢が二人とも恋愛で悩んでいるのなら、連動する様に展開させるべきで、変にヒビキやあきらを絡ませた上に手の込んだ演出やりまくって、中心軸を薄めてしまう結果になってしまったのかもしれない。そして、次回はとうとう斬鬼さんまで・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-10-02 15:08 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼  三十三之巻「装甲う刃」 2005/09/25


ああ、斬鬼さんまで小暮さんに尻叩かれているよ。しかし威吹鬼は放置w 絡みにくい天然キャラには敵わないか・・・。

いよいよ響鬼もアームド化です。スーパー童子でも持てなかったアームドセイバーで変身! 石段をウサギ飛びしたり、逆立ち歩きしたり、発声練習したりと、どこぞの演劇団みたいな修行の成果か、無事に変身──公式ページの説明だと、アームドセイバーの特殊な波動が合わない場合、阻害効果が現れると書いてあり、修行でどうこう出来る代物じゃない気もするが・・・。
アームド化の変身パターンなのだが、ディスク・アニマルが全身に分解装着されるんですな。去年のブレイドのキング・フォームのパターンとも似ているが、最近は壊される一方のDAにも活躍出来る場が与えられました。CMでやっているアームド・セイバーの新能力については、また次に持ち越しか。まあ一度に出すとすぐ飽きられちゃうしw 

今回も小暮さんと修行のおかげで、明日夢パートは削れているが、ヒビキさんとの会話の様子からすると、明日夢は高校に入ってからの親しい男友達はやはり居ないらしい。
考えてみたら、部活やってその後バイト、休みはひとみちゃんか、もしくはヒビキさんと一緒だと、出来る訳無いわな。それに、猛士の大人連中が全員、明日夢と友人関係だから、今更、別に同世代の友人なんて要らんわ。(トドロキに至っては一緒にプールとか行ってるし) そういう人間関係の中では、それこそ桐矢くらい強引な奴でも無い限り、明日夢とは友人になれそうもないから、その意味では貴重な存在とも言える。
・・・この調子で程ほどに自己主張を抑えてくれればの話だが。


──────────────

本編とは別になるが、白倉Pのブログで皮肉った紹介されていた、「妖怪文藝<巻之弐> 響き交わす鬼」を読んでみました。表紙が笑える絵で、題字の筆文字は京極夏彦ときてます。

出だしから加門七海と霧島ケイの女流作家対談で響鬼をミーハーっぽく語っているので、少し面食らうが、前半部は鬼に関する民俗学的考察及び文藝鬼譚、後半部は響鬼に出てきた妖怪からインスパイアして編纂された妖異譚ですな。

私が内容を説明するには少し難解な部分があるので、その中の一部分にだけちと書いておく。
妖異譚の「ぬりかべ」に当たる話は、他の妖怪話とは少し違っていて、直接妖怪を取り扱った話では無かったりする。壁の中に入ってしまった父親と子供の話で、どちらかというと「世にも奇妙な物語」風なのだが、これは響鬼の十一之巻「呑み込む壁」を観てこの話を持ってきた様ですな。まあ、響鬼では実際に壁に呑み込まれるのでは無く、明日夢がうっかり隠し扉から転げ落ちて、壁の向こうに猛士の秘密基地があったのですがねw

ちと気軽に読める様な類の文章では無いが、響鬼の背景である「鬼」という存在の起源については詳しく書かれているので、興味がある方は一読あれ。
[PR]
by narukami_x | 2005-09-27 02:55 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼  三十二之巻 「弾ける歌」 2005/09/18


『そうか・・・私は誰にも使えない武器を造ってしまったのか・・・』

うわははは、まさか響鬼でそんな職人キ○ガイな科白が聞けるとはw

──ついに登場しました、布施明! 外見とは裏腹に、猛士連中から怖れられる小言魔の猛士装備班主任だが、劇中ではせっかく歌まで披露したのに、皆に逃げられてしまったりと、ちょい役どころでは無かったな。そのおかげか桐矢の出番が削られて、再度「たちばな」に押しかけるも無視されてしまう扱いw 彼にはこのまま、明日夢の悪友程度で終わって欲しいものだ・・・。
今回は他の鬼連中も総登場で、白倉Pが言う所の「Brand-new」化の為の顔合わせかな。まあ、次回で最終フォームになる所為もあるか。

そのフォームチェンジの鍵を、布施明こと小暮が持ってくるのが今回の中心軸なのだが、劇場版では単に斬るだけで、さっぱり「音撃」じゃ無かった「アームドセイバー」。
・・・だが、途中CMでネタバレな宣伝w 拡声器な筒状構造と、前々から話があったディスクアニマルのアームド化ですな。特撮ヒーローの玩具は放映が終わると、構造が複雑な物は殆ど売れなくなるから、もうバンダイも待ってられない様です。

今回の魔化魍はカマイタチって事でハリケーン状に登場。カマイタチの三位一体攻撃(一匹目は転ばし、二匹目が斬り、三匹目が薬を塗る)を「三つ首」で 解釈したの面白いが、新生したスーパー童子・姫のついでな役どころ。これまでの謎の中枢だった白・黒クグツを新童子・姫に始末させる事で、展開的にも新生をアピールしてるのか?
それにしても、前々から平成ライダーで言われている事で、「出動がかかって到着するまで何分かかったんだろう?」という疑問が、またもや再提出。響鬼はDAによる捜索が主体だったので、その部分は今まで目立たなかったのだが、結局そうなっちゃうのね。
巨大魔化魍が出てきている所を見ると郊外になるので、浅草からの出動じゃ、えらい時間かかったかも・・・。とりあえず威吹鬼が頑張ったという事にしておきますか。アギトの頃は北條刑事が、G3チーム到着するまで生身で30分くらいアンノウンと格闘した事もあったしな・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-09-22 00:49 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼 三十一之巻 「超える父」 2005/09/11


『響鬼か……。お前はいずれ、おれのものになる…。必ず…』

───はあ? 何言ってやがるんだ、こいつ!?
あいたたたたた、かなり頭が痛くなってきた。体がじゃなくて、気分的に。
前回に引き続き、桐矢くん、暴走しちゃってます。このセリフが洋館の謎の男女が発した物なら面白くなりそうなのだが、ポッと出の押しかけ友人にそんなセリフ吐かれてもなあ・・・。前回の「お父さん」発言も結局、消防士の父の死がフラッシュバックしただけのトラウマ発言で、次回への引きに使う様なネタじゃないよな。今回もあまり期待出来ないかも~。

・・・すんません、週末に見てきた「劇場版 仮面ライダー響鬼 -七人の戦鬼-」が、色んな意味で面白くなかったので、どうしても新キャラに対して辛辣な評価にならざるおえないですわ。

気分を取り直して、桐矢と明日夢の立場の違いを見てみる。
桐矢は父を「超える物」として、父を想起させる響鬼に対して並々ならぬ興味を持っている。そして明日夢に対しては、超える事すら考えてみた事の無い軟弱者として捉えている。
だが、小さい頃から母子家庭の明日夢は父の顔も知らず、そもそも父という存在が自体が分からないので、超える等という概念自体が無かった。
桐矢の影響で、母と離婚した父に会う事を決意した明日夢。しかし、父の後を追ってあちこちかけずり回ったあげくに、父には既に別の家庭がある事を知った。結局、父とはなんたるかを知る事が出来ず帰り、父が作りかけていた犬小屋を自分が完成させる事で父を超える・・・とまではいかず、せめて部分的に共有する事で納得するしかなかった。
これはヒビキとの関係にも表れている。ヒビキに父に会うべきか相談した所、ヒビキは「おふくろさんの気持ちを盾にして、オヤジさんに会うのを避けて来た」と勘繰る。以前に鬼の弟子だったという努の「親の反対もあり鬼になることをあきらめた」との言葉にも、明日夢はただ頷くしかなかった。猛士の活動に深く関わりつつある明日夢が弟子になる事に踏み切れないのも、恐らくはそこにあり、初めての尊敬すべき人物=父性を示したヒビキとは、「たちばな」でバイトするという、部分的に共有する方法しかなかったのかも知れない。

・・・と、かなり無理矢理に勘繰ってみる。だって、こうでもしないと桐矢という新キャラに対しては「あいつは友人ならぬ変人だ」だけで終わってしまうわ(TT)


──────────────────────────

別の番組になるが、この日の夕方放映の「グレートマザー物語」は「細川茂樹の母」でした。有名人の母の姿を紹介する番組なのだが、今回はぶっちゃけて言うと「家族による茂樹の暴露話&恥ずかしい映像」w 詳しい内容は公式サイトを参照。
観た感想は・・・・・・・女系家族って怖ろしい・・・。

番組の最後で細川茂樹が母と一緒に祭りに行くシーンがあるのだが、勿論人だかり。カメラは主に響鬼のお面を付けていた子供を映しているのだが、その脇で奥様達がはしゃいでいますw 子供と茂樹を握手させたりしているが、子供自身はぼんやり気味。そこで茂樹がいつもの「ヒビキポーズ」でヨッと指を振ると、子供が「ハッ」という顔をして、それが誰だか認識した様子だった。
変身ポーズとは言わないまでも、やはり特撮ヒーローには何らかの特徴的なポーズがあった方が良さそうだ。
[PR]
by narukami_x | 2005-09-14 01:57 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼 第三十之巻 「鍛える予感」 2005/09/4


今回の魔化魍は「火車」ですな。観た感じでは狐に全身に梵字といった姿で、「狐火」の意味も含まれているっぽい。響鬼の火炎撃と食い合わせ悪そうな相手で、「紅封じ」を狙っているのか?

・・・えーと、それはともかく映画公開記念で、今回だけ白倉・井上コンビにスタッフ入れ替えです。

・・・だったら良いな(TT)

やっぱり「テコ入れ」って事か? 話の展開スピード、玩具売上の伸び悩み等、クウガと同じ様な流れに、友人と「そろそろヤバいかも」とか話していた矢先だったな~。

オープニングの明日夢コメントは無くなり、筆文字シーン展開の代わりに「見ざる言わざる聞かざる」。
いや、そんな部分はどうでも良いが、あの新キャラが問題だよなあ。今まではなるべく現実に近い設定で生活していた明日夢の前に、唐突にかなり浮世離れした嫌味ったらしい転校生の出現。
──で、それが単発キャラならまだ良いのだが、ラストの響鬼の戦う姿を見ての「お父さん」発言。こいつ、猛士関係者で、今後もしばらく出るつもりか・・・? 
──で、それを敢えて「見ざる聞かざる」で通すとしても、やはりかなり今までと変わっている部分があり、「言わざる」は出来そうも無いですよ・・・。
姫・童子設定はリストラされて、今後も出るのかはまだ不明。明日夢はこの前、魔化魍に襲われたばかりなのに、「偶然」に街でまた襲われ、そして携帯電話出動する響鬼。今までの「調査、駆除」から、555・ブレイドみたいな「緊急連絡出動型」に変わる前触れだろうか?

前から色々と批判はあるが、響鬼に漂う「まったり感」が結構好きだったのだが、私が「結構面白くなってきた」という作品は大抵、大衆受けから外れつつあったりするんだよな・・・。まあ番組展開的に良きにしろ悪きにしろ、明日夢の学園生活に暗雲が垂れ込んできたのは間違いないw 
[PR]
by narukami_x | 2005-09-06 14:21 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼 二十九之巻「輝く少年」 2005/08/28


明日夢とヒビキさんが苦労しつつも山で過ごしている訳だが、キャンプって大人と子供の心の邂逅の黄金パターンだな~。まあしかし、それだけで終わらないのが仮面ライダー。勿論、襲われますw 明日夢は響鬼の変身を見るのは久しぶりだが、これまた屋久島の時と同じ土蜘蛛です。戦闘に関していえば、デフォの三鬼に加えて鋭鬼も加わってサービスしてたのだが、殆ど響鬼の引き立て役だったな(^^;)

魔化魍に関して言うと、女黒クグツが出てきた割には単純に魔化魍の鎧化で固くなっただけで、思ったより拍子抜けな感じ。明日夢パートと合わせる事を考えると、あんまり戦闘に重点に置けないのが響鬼のネックかな。去年のブレイドがバリバリの武闘派だった影響で余計にそう感じるのかも知れんけどねw

今回は響鬼は音撃棒を剣化して戦っていたのだが、火の力を主体とする響鬼が紅化してあの剣を持つと、業火の化身である不動明王の利剣と重なる部分が多いので、その点では格好良かったと思う。でも最終的には魔化魍は音撃でしかトドメが刺せないので、補助武器としてしか使えないのが少し残念と言う所か。
[PR]
by narukami_x | 2005-08-30 00:39 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼 第二十八之巻 「絶えぬ悪意」 2005/08/21


クグツだらけの洋館か・・・。ぞくぞく生み出される驚異の魔化魍実験体。女の黒クグツも居るでよ~。
鋭鬼が登場したが、久しぶりの武者童子、鎧姫にボコボコにされる。何かデフォの3ライダー以外はやられる為に登場してる様な物だな。気がついたら、テレ朝の公式HPに鬼が7人も並んでるわ。関東圏には11人鬼が居るらしいが、まさか全部出すつもりなのか? 映画の7人の戦鬼も加えると、既に龍騎を超える人数だわ。

明日夢パートはこれまたえらい久しぶりに万引きネタ。ってか、何ヶ月前の話よ? 嗚呼、ひとみちゃんにまで同情泣きされて、明日夢、超格好悪い・・・。次回で名誉挽回ですな。

今回はツチグモなので、童子、姫ともに壁歩きとか蜘蛛な動きをする訳だが、番組後に東映の昔の「スパイダーマン」(レオパルド・ロボが出る奴)のDVD宣伝してて笑えましたw
[PR]
by narukami_x | 2005-08-24 03:29 | 仮面ライダー響鬼