特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
<   2005年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧
ウルトラマンマックス 第5話 「出現、怪獣島!」 2005/07/30


ピグモン、ぴぐもん、非愚悶~♪

ピグモンって・・・不・気・味!!


とうとう出ました、怪獣島。かつて怪獣王と呼ばれ、あちこちの特撮ショーで未だにボロクソにウルトラマンに叩かれまくって、「使い回し王」のレッドキングが、遂に再び日の目を見る時が! ・・・ちなみにピグモンの方はウルトラマンの番組に度々登場し、何故かウルトラ怪獣の代表格として優遇されている。ウルトラマンコスモスの怪獣保護島ではいかつい肩の「ミーニン」とかいうピグモン変種も出てたな。
でも、もしピグモンを森の中で見つけたら、私なら速攻で逃げるか、即座に撃ち殺しますなw ウルトラ怪獣の中でも特にグロテスクな部類だと思っています。
多分、あのつぶらな瞳と不釣り合いに伸びた足が微妙に人間近く、「呪いの人形」的な雰囲気を余計に醸し出している所為もあるか。
まあ、マックスは昔通りにやるので、ピグモンは怪獣を鎮め、レッドキングを封印する良いもん怪獣ですな。コスモスの時はカオスヘッダーに憑依されて、巨大化して襲いかかってきたのだが・・・個人的に「撃滅」対象でなくて残念ですw

ラピュタの如く漂う怪獣島(改め爆弾島)は、またもや何故か東京に向かって移動開始。その上でレッドキングは他の怪獣相手に大暴れしたのだが、ウルトラマンに結構あっさりやられてしまったな。ただ怪獣島最後の怪獣が終盤に漸く登場したので、リベンジする機会はまだ有り。さすがに怪獣4体出して1話で決着付かんか~。
[PR]
by narukami_x | 2005-07-31 15:03 | ウルトラマンマックス
スターウォーズ エピソード3 -シスの大暴れ-


最近の天候不順の影響かしばらく体調悪かったっす。もう観てから2週間近く過ぎたが、今頃、『スターウォーズ エピソード3 -シスの復讐-』の感想文をUP。

・・・観に行ったのは良いが、チケット売り場が激混み状態。ポケモン映画の公開が重なった影響もあって、映画館をはみ出そうになるくらい並んでましたよ。午前中に行ったのだが、結局、観れたのは夕方の回。上映が始まったら、お子様がまたやかましく騒ぐだろうな──とか思ったが、お子様は吹き替え版の方に流れたので、私が観た字幕版は静かでしたわw

上映が始まった───途端に、いきなり戦闘機で神風特攻するオビ・ワン&アナキンの師弟。のっけから始まる大戦闘!
ここでまず、この当時のジェダイの敵である分離主義陣営との確執が描かれてます。今までスターウォーズ映画だと、飛行戦は中盤から終盤の盛り上げに使われていたが、この映画が「ジェダイの物語」である部分が強く打ち出されているので、先に持ってきたのかな。
戦闘に関しては全てがスケールアップされていますわ。ってか、ライトセーバーを振るスピードが今までと全然違いますよ。今まで控えめだったフォースもかなり多用してる。それどころか、R2-D2まで大活躍! これが最後というだけあって、ありったけのアイデアを出しまくって戦闘シーンが撮られてますわ。
戦闘シーンで大まかに分けると序盤・中盤・終盤の3つに分かれるが、実の所、序・中盤で色々とやり過ぎた所為か、終盤での目まぐるしい2場面戦闘では、アナキンの戦闘が少しおとなし目に見えてしまったり。まあ、裏でヨーダ&皇帝陛下のファイナルバトルの方ばかりに目がいっちゃってた所為もあるけどねw
とにかく特撮部分に関しては文句が付け様がない・・っていうか、そもそも既存のSFX技術自体が初代スターウォーズに強い影響を受けて発展した物で、その延長線での評価になるので、それも当然か。

物語の流れとして観た場合はどうなのかと言うと・・・少し不明な点があったりする。最終作でもある今作は「全ての謎が解ける」との売り文句なのだが、それは「スカイウォーカー」の血に関連している部分で、確かにそこに関しては決着は付いてるが、ジェダイ、そして帝国の成立に関してはかなり?な部分が多い。

ジェダイには聖堂がある事から、フォースを普遍的な存在として崇める「聖堂騎士」とも言えるが、この映画を観た限りでは共和国の軍事部門も取り仕切っている。(オビ=ワンは将軍だったする) そしてシスの台頭が目立ち始めると強権発動を試みるなど、実質的には共和国を陰から牛耳っていた集団と言える。
だが、彼らがいう所の正義は「フォースの調和」であり、それは必ずしも他の勢力(元老院)に共感できる物では無い様だった。それだからこそ、強い感情を持つアナキン・スカイウォーカーは「調和」のみを追求するジェダイの姿勢に疑問を持ち、そして愛深き故にシスに付け入る隙が生まれる。そして裏切りと策略に因り「帝国」が誕生する事に至るのだが、ここら辺はかなり駆け足な展開で、とんとん拍子で進んでいってしまう。これはあくまでも背景として捉えると、アナキンがフォースの暗黒面に堕ちるのに併せての展開なので、急変する心の動きが外部に反映されているとも読める。まあ実際問題、帝国の成立をまともに描くといくら時間があっても足りないので、適当に流した感じが強い。

正直、スターウォーズは個人的にはちょっと評価しにくいんだよなあ。エピソード4~6で「エピソード4」は最初の作品と言う事で、一本の作品として観れるが、5、6はあくまでも続編である。これはエピソード1~3にも言える事で、「エピソード1」は他とは毛色が少し違うが、2,3はやはり続編でしか成立しない構造になっている。これ以外にもエピソード2~3を繋ぐアニメ「クローン大戦」が存在し、これを抜かすと今回のエピソード3に出てくるサイボーグ、宿敵グリーバス将軍が唐突な登場に見えてしまう。
他にもスターウォーズのもう一つの謎、「何でオビ=ワンはエピソード4でダース・ベイダーにそのまま斬られたの?」とかも、最後の最後でそれに関係する様な設定のセリフで匂わせて、他に持ち越しされてたりもする。
映画としてのスターウォーズは終わった(?)が、それ以外のメディア(TVドラマ、小説、ゲーム等々)にこれからも引き継がれ行く。スターウォーズは未だに終わらない物語で、つまり終わらない物の全体評価なんて出来ようも無い。

とりあえず、フォース共にあらん限り続けやがれ!
[PR]
by narukami_x | 2005-07-29 03:44 | 映画
仮面ライダー響鬼 第二十五之巻 「走る紺碧」 2005/07/24


やっぱり夏は水着だね! 響鬼は例年になく女性キャラが多いので、サービス、サービス!・・・あう、あきらはお留守番か。個人的には彼女のが見たかった・・・。
相当鈍い明日夢と、喰い気しかないトドロキのコンビなので、またボケ倒すのかと思ったら、明日夢と同年代でしかも猛士関連の少年が登場。さらにひとみにも印象アップする謎の少年に、明日夢もそろそろ鈍いだけでは済まされなくなってきました。

まあ、今回の真の目玉は水着では無く、響鬼のバイク『凱火』ですが。
特別遊撃班用の吉野からの支給品。奈良ナンバーって事は貸し出しなので、壁にぶつけたら怒られますな。モトクロスの修行の成果も発揮され、ついに飛び降りずにバイクの急停車に成功! 晴れて「ライダー」になった響鬼。主人公が乗れないのに、鈴鹿8耐で「仮面ライダーチーム」が登場出来んしw 
今回の魔化魍はカッパだが、見た感じ亀の妖怪か? しかも特殊能力は、響鬼が一人で出撃する為だけの前フリかよ。この無駄っぷりが堪りません(笑)
[PR]
by narukami_x | 2005-07-27 02:53 | 仮面ライダー響鬼
ルーター死んだ・・


またブレーカーが落ちたのだが、ついでにルーターがご臨終に・・・。
まあインターネットに繋ぐ分には、ADSLモデムと直結すれば済むのだが、メインマシン以外のネットワーク機器が全部使えんわ。特にHDDレコーダーの予約はネットから番組表引っ張ってくるのがデフォルトだったので、面倒臭い。
とりあえず、ルーター買って設定しなおさないと、まともにブログ更新も出来ん(TT)
[PR]
by narukami_x | 2005-07-26 03:26
ウルトラマンマックス 第4話「無限の侵略者」 2005/07/23


侵略異星人来襲!
・・・エイリアンスキャナーって何ですか? 探知機械を開発できるくらい、いつも異星人来てるのか? と思いきや、スラン星人に出会った警備員は腰が抜けてます。
「高速宇宙人」という呼ばれる様に、009ばりの加速装置移動を繰りかえすスラン星人。「地球を第2の故郷にする」と宣言する。カイトが交渉してみようとするが、「自分たちの方が上手く地球を管理出来る」と屁理屈並べて聞く耳持たず、さっそくカイト・ミズキ隊員をあっさり捕獲。カモフラージュしてた宇宙船に二人の人質を乗せて、堂々と宇宙に飛びたっていった。
二人からの連絡が途絶えたダッシュ隊員達は、交渉の余地なしと判断したのか、宇宙船に攻撃を開始!
──おい、人質はいいのかよ!? 「二人を信じている」との理由で、撃墜してしまったダッシュ。まあ「空飛ぶ自動車」で脱出したけど、結果オーライな連中だよな~w  

あ~、一応ウルトラマンマックスで怪獣以外に褒めるべき部分が一つ。特撮戦闘に関しては色々と工夫してます。ネクサスはナイトレイダーと連携する時以外は、結構、単調だったからねー。今までの培ったCG技術+ウルトラマン的な超運動能力で戦います。まあ、毎回それをやる訳ではないけどね。
むう、それにしてもスラン星人が高速で円陣を組んで攻撃するのだが、なすすべも無いなマックス。「マックススピード」の売り文句はどうしたんじゃ? 結局、マクシウムソードで幻影を全て斬り、あさっての方向に光線を撃つとスラン星人に命中、撃破! 高速というよりもバルタン星人に近かったかも。その内にバルタン星人も出るのだが、その時はどうするんだろう?
[PR]
by narukami_x | 2005-07-25 04:19 | ウルトラマンマックス
打ち水か・・・


何か最近、東京都内にベタネタと打ち水の呼びかけが貼られている。
──で、アキバでは『2℃ちゃん』かw 何か別のイベントになってるような・・・。
今週は頭が痛い上に腹も下してるし、おまけにだるいのが段々酷くなってきてます。
ってか、風邪を引いてる訳だが、布団かぶると暑いし、だからと言って薄着でいると腹が痛くなってくるわで、もう暑いのか寒いのかよく分からん状態です。とりあえず、長文テキスト書くには頭ぼんやり過ぎて書けないので、週末でなんとか治らないもんかな~。
[PR]
by narukami_x | 2005-07-23 02:42 | 趣味全般
今週のトリビアの金脳


しばらくはウルトラマンの絵はこれで行こうと思う。


・・・と思ったが、私にはさっぱりウルトラマンに見えないので、やめておく。
ハヤタ隊員もすっかりおじいちゃんだな~。
[PR]
by narukami_x | 2005-07-20 22:32 | ウルトラマンマックス
アキバでセイバーさん。


7/16~7/18は連休だ! ──と言っても、別に特別どこかに行く予定は全然無い。何かこういう連休に遠出しても、行きは良いが帰りの渋滞で憂鬱な上に疲れて終わるからなあ・・・。
そんな無気力な考えしか持てない私はとりあえず、映画と秋葉原行って潰しました。何だよ、それじゃいつもの週末と全然変わらないじゃんか。
映画の方はまだ観てなかった『スターウォーズ エピソード3 -シスの復讐-』を鑑賞。夏は新作ラッシュで、鳴神的に8月中旬までの週末予定が全て埋まってるので、さっさと観ないとな~。感想文は後でUPしときますわ。

アキバは特にやる事なくなると、暇潰し的に行くのだが、最近はPC環境に不満が無いので、特に増強パーツを買う必要もない。ゲームとかも、今持ってるのと予約している奴だけで、もうやる時間も殆ど無いから、買わないしなあ。
・・・と思いつつも、何故かいつもフラフラと最初にネットゲーを見て回る、私。
「EverQuest2」を手に取るが、時間がかかるしグラフィックの洋ゲーテイストが合わないので買わない。その隣にハドソンの「Master of Epic」(通称MOEゲーで、実際萌え絵に差し変わった奴)の「スキル制」の言葉にまじまじと画面写真を眺める。そして既に辞めた筈のFFXIの新規データ集本とかを読んでいたりする。一時期、ネトゲを買いまくってた頃があったのだが、まだその習慣が抜けてないらしい・・・。

とりあえず、今回の主目的はコミケのカタログを買う事なので、近くの同人ショップに寄ってみると、バイトの姉ちゃんが、浴衣姿でカタログの外売りをしていた。小泉首相の余計な政策の所為で、最近は浴衣のファッションブームが到来してるとか。商戦激しいアキバの店もさっそく導入か。
カタログと一緒に岩原裕二の「地球美紗樹1~3」と初期短編集「狼の瞳」を購入する。図らずもこの人のコミック全巻揃えてしまったな。纏めて読むと──やっぱ黒いなw

アキバの道路は日曜日の午後は歩行者天国になる。そんな道路のところどころに人だかり出来てるので、ちょっと覗いてみると、若い女の子が歌ったり踊っていた。
・・・何か、こういう風に版権物を販売する店が建ち並び、ホコテンで踊ってる奴とかを眺めていると、何かを思い出す。うーむ・・・・・・そうか、原宿か! 芸能人の店が並び、路上でタケノコ族が踊り狂ってたりするのを、テレビで良く見かけたが、これに近い感じだったかも。違う点は表通りに並ぶ店の内容がアニメ・ゲームで、踊っている奴が売り出し中の新人声優という事だ。東京都はこの街にデカいビルを建てて、IT技術者を一生懸命を呼び集めて電脳中心地化するつもりの様だが、専門用語と業界用語ばかり喋る連中が集まって、ますます混沌化が進む気もするな。

帰りにちと目に付いた物があって、つい衝動買いしてしまった物が一点。



6分の1セイバーさん
・・・ってか、『Fate stay night』をプレイした事も無いのに、何で買ってくるんだよ!?
美少女フィギュアなんてガチャガチャ以外ではまず買わないのだが、そのガチャガチャの奴も棚の上でバラバラ死体状態になっている。最近は並べ直すのが面倒臭くなってきたので、どんなに倒れてもバラバラにならない特撮ソフビしか買わなかったりする。じゃあ、何故に買ってきたのかというと、安い割に塗装の出来が良いのと、何か昔を思い出す様なこのフォルムが・・・うーむ・・・多分、ワルキューレ辺りか。まあ、セイバーさんはアーサー王なので、北欧繋がりって事でw 
でも、やっぱり倒れた時の事が心配になるので、セイバーさんの頭から飛び出ているアンテナ──じゃなくてアホ毛を触ってみる。
あっ! 柔らかいぞ!? さすが、セイバーさんっ!!
[PR]
by narukami_x | 2005-07-19 23:54 | 趣味全般
仮面ライダー響鬼 二十四之巻「燃える紅」 2005/07/17


やっぱり、冒頭から赤くなるのはフェイントか。まあ、変身したらしたで単に赤くなっただけのフォームですがw

大方の予想通りにドロタボウの魔化魍は、他の音撃鼓以外の攻撃をすると分裂するタイプだったが、セリフと公式HPの設定からすると、毎年夏にこのタイプが出現するので、響鬼も夏はバーニングフォームならぬ響鬼紅なるらしい。・・・でも、それだとわざわざ音撃鼓を練習させられる事情を、轟鬼も知っていておかしくはない気もするな。あの若さで警察官だったとか言ってるから、かなり鬼歴が短いのかもしれん。

響鬼紅の強化利点は「灼熱真紅の型」で、やたらドンドコ叩きまくらなくても一撃で魔化魍を粉砕できる点。大量発生に対応した型という事か。それなら、音撃弦、音撃管以外は効かない魔化魍も出てくるだろうからその内に・・・と思うところだが、主人公武器である程度何にでも効く音撃鼓が、登場回数が多い割に売れないから、全員装備する羽目になったっぽいから、他の武器の全員装備は無いか。元々太鼓は複数で叩き合うのが特徴で、他の楽器は一人で格好付けて演奏するか、ぴったり同じ動作しないと駄目だから、皆でやっても決まらないだろうしなあ。まあ、鬼毎の個別フォームチェンジの方に期待しますか。

それにしても、明日夢はやはり今回も鈍感な奴なのだが、最終的にひとみ・あきらのどちらかを選ぶ事になるのだろうか。人生の先輩である筈の猛士の大人連中も、そこら辺の関係は有耶無耶っぽいので、参考にもならんなw
[PR]
by narukami_x | 2005-07-18 01:33 | 仮面ライダー響鬼
ウルトラマンマックス 第3話 「勇士の証明」 2005/07/16


古代怪鳥レギーラ登場!
目からビーム。腹からビーム。曲がるビーム。交差増強するビーム。相手をグルグル巻きにするビーム。凄いぞ、鳥さんビーム!!

ウルトラマンマックスを司令他隊員にエイリアン扱いされた事に憤懣やる方ないカイト隊員。
・・・マックスが自分でM87星雲から来たって言ってるんだから、その言葉が嘘じゃない限り100%エイリアンだろw どうもカイトの頭の中では『エイリアン=異星人=侵略宇宙人』という構図があるらしい。まあ、前のウルトラマンのネクサスでは、ナイトレイダーが「ウルトラマンを攻撃」とか、悪のウルトラマンが何体も登場したし、次回に丁度、侵略宇宙人が出るっぽいので、それとは差別化を図りたかったのかも。

それはともかく、南米の遺跡から飛び出して、何故か日本に向けて飛んできた怪鳥レギーラ。ここらで一発、UDFにウルトラマンで格好良い所を見せてやろうと、カイトは独断で特攻かけるが、ウルトラマンに変身出来ずにあえなく撃墜・・・。
入院先で「ウルトラマンが必ず助けてくれる」という依存心を他隊員に指摘されショックを受けるカイト。怪我が治るまで謹慎処分を受けて、公園でガックリ項垂れていたが、皆が平和に遊ぶ姿を見て、自分の使命を思い出し立ち直る。・・・幼女に飴玉を貰った途端に立ち直るのも何だかなあ。子供にまで同情されたら、私ならますます落ち込みますが。あと、公園の端でしきりに拳法の型を練習する奴は、平和な光景には余計ですw

再度レギーラの出現にカイト抜きで出撃したダッシュ隊員。案の定、すぐに返り討ちに遭ってしまうのだが、そこにまたもや無断で出動してきたカイト隊員が登場。ダッシュ専用の特捜車、ダッシュアルファで地上からミサイル攻撃。その後、勿論怪鳥が追いかけてきたので逃げるが、何故か車を急停車。怪鳥の強風攻撃を受けて車ごと吹き飛ばされるが、そこでおもむろに変身グッズを取り出した。今度は変身出来る様なので、さっそく変身! ・・・依存心はなくなったが、「ウルトラマンに変身出来る」という慢心は捨ててないのか。変身する為にわざと危機的状況に走るなんて、お前だけじゃ!

レギーラは鳥の見かけとは裏腹に、ビームでダッシュとウルトラマンを苦しめるが、アイスラッガー改「マクシウムソード」で両断した──のだが、二つにならずに爆発したな。やはり切り刻むのは御法度らしい。まあ、昔は出来ても今は放映出来ん部分があるから、仕方ないか・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-07-16 18:01 | ウルトラマンマックス