特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
<   2005年 08月 ( 12 )   > この月の画像一覧
仮面ライダー響鬼 二十九之巻「輝く少年」 2005/08/28


明日夢とヒビキさんが苦労しつつも山で過ごしている訳だが、キャンプって大人と子供の心の邂逅の黄金パターンだな~。まあしかし、それだけで終わらないのが仮面ライダー。勿論、襲われますw 明日夢は響鬼の変身を見るのは久しぶりだが、これまた屋久島の時と同じ土蜘蛛です。戦闘に関していえば、デフォの三鬼に加えて鋭鬼も加わってサービスしてたのだが、殆ど響鬼の引き立て役だったな(^^;)

魔化魍に関して言うと、女黒クグツが出てきた割には単純に魔化魍の鎧化で固くなっただけで、思ったより拍子抜けな感じ。明日夢パートと合わせる事を考えると、あんまり戦闘に重点に置けないのが響鬼のネックかな。去年のブレイドがバリバリの武闘派だった影響で余計にそう感じるのかも知れんけどねw

今回は響鬼は音撃棒を剣化して戦っていたのだが、火の力を主体とする響鬼が紅化してあの剣を持つと、業火の化身である不動明王の利剣と重なる部分が多いので、その点では格好良かったと思う。でも最終的には魔化魍は音撃でしかトドメが刺せないので、補助武器としてしか使えないのが少し残念と言う所か。
[PR]
by narukami_x | 2005-08-30 00:39 | 仮面ライダー響鬼
有明模型祭り行ってきました。
台風がやたら発生している夏だが、去る8/21に、ゴジラが上陸してメガギラスと一緒に大暴れして壊滅した、お台場の国際展示場に行ってきました! 
───って、その前の週も行ったじゃんかw 正確には「ワンダーフェスティバル2005夏」に行ってきました。コミケの翌週に、またあの糞暑い所ですか・・・。
とりあえず、今度は湾外沿いに進む新交通「ゆりかもめ」に乗って、またイージス艦が沈んだ所を確認しようかと思って東京湾を見たが、そもそもどこからどの方向に見ればその位置なのか知らなかったわ・・・。




結構遅れて会場に入ると、案の定、既にかなり混雑してましたわ。

会場の様子を撮ってみたが、人しか見えんな。まあ、コミケよりは規模と人数が少ないので、同じ会場でも比較的涼しかったのは有り難かったが。

とりあえず企業ディーラーの方から回ってみる。
あ~冬に比べて少ないかな・・・? 海洋堂とかは勿論あるが、冬はTOMYとかがゾイドを並べてたりしてたんだけどね。今回はフィギュア専門のディーラーと、マニア向けの宣伝広告とかばかりですわ。まあ、夏は他におもちゃショーとかあるから、玩具大手はマニア受けのワンフェスよりそっちに回るか。ちなみにコナミの今回の展示はこれ。



「おとぎ銃士 赤ずきん」に続くフィギュアニメ第2弾特撮編『SPECTOR』。それの撮影用のバイクとスーツ。映像流してたが、戦闘員っぽいのと殴り合ってるのと、司令が相川翔な辺りが微妙だ・・・。



こちらは村田蓮爾が責任編集しているコミック「robot」の宣伝用?の原画展示。ワンフェスは毎回、何かの原画が会場に展示されますw

あと、どこの展示か知らないが、謎の乗り物を発見。



狭い上に、発進時は誰か押して貰わなければ動かない代物。ガチャカプセルに人間を詰め込んだ様な外観に、乗り込んだ人は周り中から笑いものに。ちなみに底部をよく見ると、
「コスプレ指定」の張り紙がありましたw

そしてメインの一般・個人ディーラーのブースへと行ってみる。
「亡国のイージス」のキット(ってか、プラモ)が売られていたので、何となく購入してみる。買うと売り子の兄ちゃんが急に、私のイージス護衛艦にマジックで落書きを始めた。な、何するんじゃ!?



・・・はっ! 福井先生!? こんな所で何やってるんですか!!?



ワンフェス冬にも福井先生は来ていたが、その時は企業ディーラーの方で映画「ローレライ」のデカイ看板脇で、背広姿で文庫版小説予約特典サイン会をやっていた。今回は戦艦プラモが山積みになった長机で、Tシャツ姿でキット購入のついでにサイン会。私は顔を知ってるからすぐ分かったが、周りから「偽物?」の囁き声。やはり人間は然るべき場所と格好でないと、それが本人であると信用してくれない様です。
あ~、そういえば電車の暇潰しに、亡国のイージスの原作文庫本を丁度持ってきていたんだよな。かさばる箱なんかじゃなくて、文庫本にサインしてもらえば良かった(TT)

一般ディラーの展示販売物はこちらのページを参照。私の基準で選んだので、相当偏っていますがw
一般ディーラーを見て回って気付いたのだが、種が放映されているので多いのかと思ってたガンダム系が殆ど無かった。これはメーカー(BANDAI)が購買者の欲求を満たし過ぎ所為なのか? 全く無い訳では無いのだが、雑誌やネット上のあちこちで微妙にデティールを変えた作例がアップされている状態では、あえてイベント展示しても目新しさは無いわな~。
ワンフェスは、コミケみたいに同ジャンルばかりが配置して居ないので、種々雑多な感じがあるが、どのフィギュアも回を追う毎に、より細かく精密になってきています。前は普通に立ちポーズのフィギュアが多かったのだが、やたら派手なポージングやら風たなびくデティールやらと、単に完成度を求めるだけでは無く、画面の躍動感までをも再現しようとする、職人魂を感じさせてくれましたわ。おかげで手持ちのコンパクトデジカメじゃ、いくらフラッシュを焚いても、まともに映らない物が多数(TT) 撮る方にも技術力必要ですよ・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-08-27 19:20 | 趣味全般
仮面ライダー響鬼 第二十八之巻 「絶えぬ悪意」 2005/08/21


クグツだらけの洋館か・・・。ぞくぞく生み出される驚異の魔化魍実験体。女の黒クグツも居るでよ~。
鋭鬼が登場したが、久しぶりの武者童子、鎧姫にボコボコにされる。何かデフォの3ライダー以外はやられる為に登場してる様な物だな。気がついたら、テレ朝の公式HPに鬼が7人も並んでるわ。関東圏には11人鬼が居るらしいが、まさか全部出すつもりなのか? 映画の7人の戦鬼も加えると、既に龍騎を超える人数だわ。

明日夢パートはこれまたえらい久しぶりに万引きネタ。ってか、何ヶ月前の話よ? 嗚呼、ひとみちゃんにまで同情泣きされて、明日夢、超格好悪い・・・。次回で名誉挽回ですな。

今回はツチグモなので、童子、姫ともに壁歩きとか蜘蛛な動きをする訳だが、番組後に東映の昔の「スパイダーマン」(レオパルド・ロボが出る奴)のDVD宣伝してて笑えましたw
[PR]
by narukami_x | 2005-08-24 03:29 | 仮面ライダー響鬼
金縛り検証実験


感想文ばかり書いてるので、たまには普通に日記風に書いてみるか。

お盆が終わっても、テレビの心霊系の特番が相変わらず放映されてる。映画の方も納涼という事で「姑獲鳥の夏」「妖怪大戦争」「ノロイ」と上映されている。まあ最後のはともかく、前の二つは夏に上映するしかない微妙なラインナップ。ゲームはとりあえずホラーゲームの「零3」を買ったが、前の「零2」もクリアしてない状態なので、せっかく予約までして買ったのにまだ封も切っていない。


それはまあ置いとくとして、お盆の最初の頃だったか、日頃の夜更かしが祟って、布団に突っ伏していると、急に夜中に目が覚めた。
最近は常日頃に睡眠不足気味で、3時間睡眠な毎日を送っていた所為か、迂闊に早めに寝たりするとこんな時間に目が覚めてしまう。多分、3時間だから夜中の2時くらいかと思って、時計を見ようとすると・・・・・・か、体が動かん!?

まさか、これは俗に言う『金縛り』って奴か!!?

ぬう、これは一体どうすれば!?──と恐怖におののく──事は無かった私は、「眠いから寝直そうっと」と目を瞑った。
子供の頃は親が心霊関係の番組や本が好きだった影響で、私もそんな物を散々見まくったが、生まれてこの方、心霊現象になんか遭遇した事が無い、無霊媒体質な私。せっかくチャンスが巡って来たのにそんな反応しか返せない。・・・まあ、他にも理由があるが。電気点けっ放しで寝てたよ。こんな状態じゃ怖くも何とも無いわ。消そうにも、動かない物はしょうがないから、寝よ(TT)
───少しして、再び目を開けた。そういえば歯を磨いてなかった。この頃、スイッチが切れた様に寝込んでしまうので、歯磨き忘れちゃう時があるんだよな。少し歯槽膿漏気味なので、放っておくのもどうかと思う。

ってな訳で、「歯を磨く為」に金縛りを破る事を決意した。


しかし、どうした物か。「念仏を唱える」とか、そんな方法しか聞いた事が無いわ。神仏への信仰心ゼロの私が何となく唱えただけでは、さっぱり気合いが入らん。多分、放っておけば自動的に動ける様になる気もするが、それでは全然「面白く」ない。こう、格好良く「パリーン」って擬音付きで金縛りを打ち破る方法とか無い物か。(忍者・オカルト漫画の読み過ぎ)
とりあえず動けない原因は、意識がずっと夢現な状態に関係している様だ。要するに肉体的には寝てるも所為で、夢の中で走っても現実には体が走る動作はしないという理屈なのだろう。そこで考えたのだが、人間は一回の睡眠に何回も寝返りをする。他にも体に衝撃を与えれば、反射的に動く。じゃあ、無意識動作すれば動くかも?
・・・でも、どうやってやるんだ? 起きあがるとか具体的な動作は駄目っぽい。ならば適当に手を振ってみたりとか、何気に日常的な動作すれば、反射に近い動作になるかも。それで、さっそく手を振ってみた。
数回空振りした後、かすかに手が動いた瞬間──全身が突然に動く様になった。接触不良だった線が急に繋がった様な気分だ。金縛り破れたりっ!!

無事に動く様になって一安心して、何となく金縛りに関して理解出来た気がする。それで、ちょっと調べる事にした。
うちの親はよく金縛り遭っている様な事を聞いていたので、その時に意識はどんな状態だったのかを確認してみた。返答ではどれもやはり「夢現」な感じとの事。そういえば、心霊関係の番組や記事で、金縛りに遭ってる間に幽霊を見た人の話では、金縛りが解けた後に幽霊を再び見たと言う人は殆ど居ない。全然無い訳でもないが、その場合は大抵が又聞きか、その後に脚色されたとしか思えない展開があったり等ばかりだ。
これは肉体は寝てる為に動かないが、意識が半覚醒状態で、現実と夢が交錯した結果が金縛り中に現れる「幽霊」だと判断して良さそうだ。それ以外の可能性も無きにしも非ずだが、少なくとも意識が完全では無いときに見える物など、全く信用出来る物では無い。
やはり、この世に不思議な事など何も無いのだよ、関口君!



・・・と、自分が書いた物を読み返してみたが、これの一体どこが「普通の日記風」なのやら(TT)
何かしまらない話なので、お絵描き野郎的に怖ろしい話 をリンクっておくかw
[PR]
by narukami_x | 2005-08-21 06:35 | 趣味全般
仮面ライダー響鬼 第二十七之巻 「伝える絆」 2005/08/14


斬鬼さん、かっちょいい~~~~~っ!!
顔だけで強そうに見えるのあの人だけだしな。

・・・そして、威吹鬼は金縛りで百面相w

今まで色々と噂されていた謎の男の正体について、一部が明らかになりました。
ってか、白はクグツかよ。そうすると、威吹鬼が会ったのが本体で、同時に姫・童子のオリジナルとかになるのか? 今までの話からすると、吉野はある程度、魔化魍の異常増殖と男の正体について予測しているとの事で、近い内に大幅な展開が出るんかな。
それともう一つ、明日夢は弟子になるのか?について、努はそれを説明する為に出したキャラっぽいが、ヒビキが本心をとうとう暴露。ずばり『弟子にしたつもり』なお言葉。うわ~ヒビキさん、自然体にも程があるわw

毎年思うのだが、仮面ライダーの展開って、周りの評判を聞いてから決めてるよな。それは撮影に反映出来るくらい、かなりタイトなスケジュールって事になるが。東宝の超星神シリーズは半年くらいずれて、真夏に糞暑い格好してたり、円谷なんかも打ち切りで二十話くらい残ってても全部短縮化出来ちゃったりとか、かなり早めに撮る物なんだが、東映は1、2ヶ月くらいで放映してるっぽい。
[PR]
by narukami_x | 2005-08-16 02:05 | 仮面ライダー響鬼
有明漫画祭り行ってきました


お盆休みに、ウルトラマンコスモスとジャスティスが暴れ回った、SRC宇宙開発センターに行ってきました。

──いや、国際展示場の「コミックマーケット68」だがw 落ちちゃったので一般参加ですよ・・・。
天気予報は週末は曇りだとかぬかしてたが、快晴この上ない。中に入ると、案の定蒸し暑いわ! とりあえずFFタルっ娘なうちわを買ってみる。



焼け石に水だな・・・。特に東地区は例年通りに混雑率200%で、歩くのも大変だ。適当に見て回るどころか、予定の箇所を全部見て回るのも困難になってきたので、早々に切り上げて西地区に行ってみる。
・・・やけに涼しい。何だよ、この差は!! 混雑度も違うが、そもそも建物が風が通り抜けやすい構造になってるっぽいな。
あ~、かなり苦労しながらも、いちおう買う物は買いましたよ。昔は直感的に自分好みの内容の物を見付けて買っていたのだが、最近は混雑度と共に宣伝用のCG技術も進んでいるので、事前にチェックした上で現場で内容を直接確認しないと駄目ですわ~。(もしくは手当たり次第に買うしか・・・)

帰りは水上バスに乗って、この前観た、東京湾でイージス艦が爆沈した現場を確認しようかと思ったが、見える訳無かったです(TT)
[PR]
by narukami_x | 2005-08-14 23:18 | 趣味全般
麻生俊平 「VS -ヴァーサス-」、ザンヤルマ、ミュートスノート対比


結局、「VS -ヴァーサス-」の最終巻は近くの本屋では見付からなかったので、衡鏡氏に借りて読みましたわ。
出版されて間もないのに、さっぱり無いのは売れる分しか刷らなかったって事だな・・・。読んでる人少なさそうなので、とりあえず自分用に、感想を纏めておくか。
途中で終わった作品の感想を普通に書くと、愚痴ばかりになりそうなので、麻生氏が富士見ファンタジア文庫で書いた3つのシリーズ小説を、それぞれ対比させてみる。何でその3つかというと、私的に「ヒーロー」しているのと、話の構成に共通する部分があるからだ。

1つ目は麻生氏の代表作である「ザンヤルマの剣士」。超古代文明の遺産を謎の老人に授けられた少年が、同様にばらまかれた遺産によって暴走する人々を止める話。「ライトノベル」という名前が定着し始めた頃の作品で、ファンタジー・SF系の多かった当時の富士見の中では、舞台が現代日本と相まって異色作と言える。
2つ目は「ミュートスノート戦記」。事故的に手に入れてしまった変身能力で、それを取り戻そうとする巨大組織と戦う主人公。正統派に近い変身ヒーローだが、やっぱりちょっとガイバーを連想してしまう内容。人気の高い同人作家、七瀬葵が挿絵を入れた事で話題になってたかな。微妙な組み合わせという意味でw
3つ目が今回読んだ「VS」。体系外技術(アウトフロー)を使うテロリストに家族を害され、それと戦う為の力を手に入れた事で警察組織に属する事になった主人公。構想時期と主人公の変身体「V1」という名称から考えると、やはり「仮面ライダーアギト」のG3チームがモチーフなのか?

それぞれの作品に共通している事は、現代社会で生活する高校生の主人公が、超兵器を駆使して、謎の存在に立ち向かうという構図。高い文章力で主人公の戦いに対する内面の葛藤を細かく描いている。
・・・もっとも、麻生俊平のこの3作品に共通する最も強い特徴は、戦いに対する主人公の姿勢では無い。
ザンヤルマの剣士、矢神遼は普段はおとなしく、事に当たっては迷いがちな少年だが、守りたい者を見定めた時は、自分の身を顧みずに戦いに飛び込み、一歩も引かない意志を持つ。イレギュラーの人間兵器となった穂村響は、自分の身と周囲の人間を守る為に、時に叱咤されながら過酷な戦いに堪え忍ぶ。警察の超科学特殊捜査班に配置された「V1」鷹匠次郎は、感情に走るあまり暴走しがちで、周囲の人間に諭されながら任務をこなす。
この様にそれぞれの作品で、主人公の戦う姿勢と意味は違っている。
───じゃあ、何が共通しているのかというと、私が思うに主人公の「サポート」役が居る事だと思う。

矢神遼には、いとこで帰国子女のヒロイン、万里絵のサポートがある。女だてらにサバイバルに長けていて、遼よりも百倍くらい肝が据わっている少女。穂村響にはいかなる時にも冷静沈着に対応する親友、滝沢聖也のサポート。時には冷徹に、そして時には熱く響を奮い立たせる。二人とも特殊能力を持たない一般人だが、主人公に的確な指示と戦いへの方向性を与えてくれる。
ただ鷹匠次郎のサポートはちょっと違う。V1のパートナー「S1」であるヒロイン、水城蒼は出会った時から改造人間。戦う技はともかく一般常識と感情に著しく欠けている。S1の実戦本意な発言に面食らったり、司令の悪魔的説教に反発したりするが、同僚達のサポートがV1の超感覚能力をフルに活用し、法を遵守する戦士として叩き上げる。
この違いは主人公と敵との関係から生まれている。ザンヤルマでは「遺産」持つ者同士の『個と個』の戦い。ミュートスノートでは主人公と秘密結社の『個と多』。VSでは警察組織対各個活動するテロリスト集団で『多と多』の構図で作品毎の特徴を持たせている。
ただ、いずれのサポートも、主人公が一人では見えなかった部分を認識させ、戦い方に変化を与える要因となっている事で共通していると言える。


あ~・・・それにしても、やっぱりVSが5巻で打ち切りは惜しいな。VSの敵であるアウトフローのテロリストは、それぞれが対立して競争している様な節がある。そして鷹匠の上司である司令のセリフからすると、特殊捜査班自体もその一つである事を匂わせている。主人公とヒロインの関係には一区切り付いているが、一連の事件の重要な部分は謎のままなんだよな・・・。
ミュートスノート戦記の時にも言われてたが、麻生俊平は話の面白さにエンジンがかかり始めるのが遅い。その分しっかりとした話の構成をしてくれるけど、ライトノベルとしての売り上げは伸び悩んじゃうので、そもそも続巻が書けるか怪しくなるんだよな・・・。ただでさえ「ラノベにしては本が厚すぎる」とかも言われてるんだから、そこら辺も自覚してもらって新作に期待しますか。
[PR]
by narukami_x | 2005-08-12 02:36 | 趣味全般
仮面ライダー響鬼 第二十六之巻 「刻まれる日々」 2005/08/7

「化け猫」前編~。
明日夢もすっかり猛士サポーターが板に付いてきました。しかし、どう見てもヒビキ以外の連中は、ヒビキの弟子になって「鬼」になる事を期待してるよなあ。番組最後には究極の選択を迫られる羽目になりそうだな・・・。

戦いに暗躍し、冒頭から意味深に登場する謎の男。黒衣の時は巨大魔化魍を放ち、そしてすかさず白衣の男は夏の魔化魍を増殖させる。一方、イブキは街で邪気を察知し、謎のカップル(童子と姫?)を追う。こちらが本命で郊外に出現している魔化魍は囮という事なのか? そもそも黒と白が同一の者なのかも不明。各所でこの謎を論じられているが、予測するにはまだ情報が足りないですな~。
前編の所為もあるが、ちと場繋ぎ的な回だった感じだな。敵の本格的な活動の予兆が、新展開へと繋がる事に期待しときますか。
[PR]
by narukami_x | 2005-08-09 00:58 | 仮面ライダー響鬼
ウルトラマンマックス 第6話「爆発5秒前!」 2005/08/06

ピグモンの生き彫像か・・・。


ピグモンの通り名が「電脳珍獣」とかなってるのだが──カイトが言ったピグモンの正体が、古代人に文明を与えた異星からの使者である生体コンピューターだから電脳? まあレッドキングの通り名も「装甲怪獣」とかなり違っているが、どちらも昔の通り名「友好珍獣」ピグモン、「どくろ怪獣」レッドキングの方があっている気がするな。

怪獣島が岩石爆弾を抱えたまま、台風の如く日本列島直撃コースを進んでいる為、UDFはミサイルによる爆破を決定。カイトとミズキが行方不明になっていた為、ヒジカタ隊長は無理を承知で再び怪獣島に乗り込む。ミズキ隊員は見付けたが、レッドキングが再活動した為、見失ってしまう。結局、ミサイル攻撃のタイムリミットで、レッドキングを復活させた張本人の遺跡荒らしだけを乗せ、またもや「二人を信じている」との発言で脱出。ってか、助けに来たんじゃなかったんですか隊長? 怪獣学者のおばちゃんもまた当て推量な説教垂れてるし・・・。

怪獣戦の方はレッドキングを島で爆発させるとマズイので、ヤバい物は宇宙に捨てろとばかりに、気絶しているレッドキングを宇宙に投げ捨て、さらにマクシウムカノンでトドメ。最近のウルトラマンはエコロジーを気にするので、生ゴミを残さず粉々に粉砕するらしいと聞いてるですよw
[PR]
by narukami_x | 2005-08-08 03:33 | ウルトラマンマックス
小説版仮面ライダーか・・・
通勤時間が結構長い方なので、最近は友人が引っ越した時に無期限レンタルした(捨てた)ファンタジー小説を読んでいる。面白い事は面白いのだが、ハヤカワ文庫の小説を十冊以上もぶっ続けで読むと頭がパンクしちゃうので、たまにはもっと軽めなやつでも読むかと別のを探してみた。

あ~麻生俊平の「VS」の5巻目 無いな・・・。5巻打ち切り作品だから、大きめの書店でも探さないと置いてないかも・・・。
何となく棚を眺めていると、ソノラマ文庫が数冊並んでいるのが見えた。何かソノラマはどんどん本屋に置く冊数が減っているよな。・・・と、何か妙なタイトルが目に付いた。

『仮面ライダー響鬼 明日への指針(コンパス)』

ああ、かつては本屋の棚をSFと伝奇物で埋め尽くしていたソノラマ文庫も、版権伝奇物に手を・・・。
まあ朝日ソノラマは「宇宙船」とかの特撮雑誌を出版していたから、別におかしくは無いのだが、何だかなあ・・・。
───とか思いつつも買ってきた、私w さっそく読んでみる。

・・・前にブギーポップのアニメや映画を観た時、ブギーポップの登場時に流れる「ニュルンベルクのマイスタージンガー」が、小説を読んで思い描いたのとは違和感があった。媒体が違うから当たり前なのだが、今回の響鬼小説の場合はその逆パターンになる。


ダン、ダン、ダン、ダダン、ダン──。

ダン、ダン、ダン、ダダン、ダン──。

「ハアァァァァァァッ、ダアァァァッ!!」

ズダンッ!!


音撃も文字なんだよなあ・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-08-04 23:27 | 仮面ライダー響鬼