特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
<   2005年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧
コミックマーケット69終了
遅れたけど、コミケの結果報告。
新規の頒布物は以下の通りでした。

ライダーっ娘CG集(響鬼のみ)


ジャケット


レーベル面(アームド響鬼)


予定が狂いまくって結局、編集作業に当日朝までかかり、サークル参加時間に間に合わなくってなってしまいました。仕方ないので、番頭師匠に「先に受付して来て。ついでにポップも作って」とずうずうしいお願いする羽目に。私自身は販売物かかえて一般参加時間で入場。番頭師匠、大変有り難うございました。後半に店番してくれた代氏もサンクス~。・・・一人だったら間違いなく落としていたわw

それでどのくらい売れたかというと───まあ、まともに宣伝活動してない上にサンプル画像も並べずに、ジャケット絵で「感じろ!」な状態で販売していたので、言わぬが花かな・・・。

一応、今回、他を見て回って気がついた事を箇条書き。


・PSPでサンプル画像のムービーを流しているサークルが結構あった。(バッテリー増設状態)

・野郎の女装コスプレが増えた。

・FFXIのコスプレは「縫製」というよりも「加工」で、「そのまま戦えるんじゃないか?」というレベルにまでスキルアップしている。


昔と比べるとどこのサークルも描画・編集技術が進歩していて、どれもこれも同じくらい出来が良いので、ネットで細かく事前調査して行かないと、当日見ただけではなかなか選び難いですわ。
私も3回連続同じ様な内容で出しちゃったので、次回辺りは媒体を変えるべきかな~。

そういえば、最近はお絵描き掲示板以外で、HP上でお絵描きしていないので、響鬼の3ライダーっ娘くらいは載せておくか。


響鬼っ娘。屋島にて。


威吹鬼っ娘。音撃武器が上手く描けませんでしたわ。


轟鬼っ娘。「ぱにぽにだっしゅ!」を観ながら描いた所為か、「まほ~」な感じ。
[PR]
by narukami_x | 2005-12-31 23:59 | コミケ関連
冬コミ頒布物宣伝 12/30(金曜日) 西地区”し”26a
詳細>>
[PR]
by narukami_x | 2005-12-30 23:59
仮面ライダー響鬼 四十五之巻 「散華する斬鬼」 2005/12/25
今週は多忙でコミケ準備以外でまともに絵なんか付けられないので、感想は次回に回す──つもりだったが、次の正月の所為で放映は二週間後なんだよな・・・。とりあえずマジに時間的に超ヤバいので、短めに感想だけ叫ぶか。とりあえず───

斬鬼さ~~~~~~~んっ!!(ToT)

以上。
・・・じゃ、書く意味ないので、他2点だけ。
桐矢パートは残り回数を考えると、ああならざる終えないのだが、弟子でも無い一般人がカシャに襲われてあれだけで済むってのはかなり無理がある。それこそ陰陽環程度の火力しか無いやん。桐矢に立ち直るきっかけを与えた点では結構良いのだが、明日夢の方はパネルシアターで見せた相変わらずの優柔不断さと、疑心暗鬼に囚われて跡を付け桐矢と喧嘩する等、失点が増えた。ただ、今回は弟子になった事についてボンヤリとした回答しか述べなかったので、未だ弟子気分に成れていないのが現状。あきら同様に別の回答を出す可能性を匂わせたのなら今回はプラスに働くが、微妙だな。

轟鬼については・・・・復活早過ぎ! まあ変身さえすれば鬼の超回復が働くのでは無いかと思っていたが、そんな説明は結局無く、まさに気合いだけで甦ったな。
最期の斬鬼・轟鬼師弟による「清め」のセッションは、音撃弦の鬼としてのラストを飾るには相応しい。死して屍拾う物無し──どころか既に「屍」だった己が肉体を残さず消え去った斬鬼の退場は、今回のタイトル通りの「散華」であったと思う。
さらば、斬鬼よ・・・。


うう、年末じゃ無ければ、今回はもっとまともに書(描)きたかったな・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-12-25 14:10 | 仮面ライダー響鬼
破壊魔定光 第12巻──最終巻
予定通りに最終巻が出たので、前の最終回感想に引き続いて、改めてお絵描きして感想をアゲ!

・・・としたい所だが、コミケの準備がマジにやばくなってきたので、お絵描き無しで手短に纏める。しかし絵を描く理由付けでこのブログを始めたので、テキストだけだと本末転倒になってしまう───が、とりあえず、破壊魔定光は好きな漫画だったので、一応報告だけ書いておくか。

さて、コミックでは雑誌連載版のどの部分に追加が有ったかというと・・・・

・・・よく分からないよ(TT)

雑誌連載の段階で最終回近くはかなり分りづらい展開で、どうも記憶があやふやではっきりここだとは言えないですわ。(ウルトラジャンプは殆ど立ち読みだったw)
いくつか見覚えの無いシーンがあるが、恐らくはパラドックスを補完するセリフ群なので、ややこしいっす。一応格闘シーンにも追加はある(気のせいかも知れない)が、終盤は平行世界の定光同士の戦いになるので、さらにややこしい。似た体格・似た性格・似た装備の連中が微妙な小手先の技を駆使するので──ええい、もうっ、えらい分りづらいわっ!!

それはともかく、予想通りにエピローグは追加されていました
・・・が、あれはエピローグっていうのかな? 定光達の変質は治ったが、あの直後の「今まで通り」なら、特に追加しなくても良かった気もするな・・・。まあ、龍騎の時みたいに歴史に「リセット」がかからなかった点では良かったけどね。

──そう、定光達は特に変わってないのだ。どうしてそうなったのかというと、
ズバリ──

宇宙が辻褄を合わせてくれたからだ!

これはタイムパラドックスを扱った物語でも良くある「歴史の修復力」と同質の物で、かなり都合が良い設定だ。コミックでは「別の事実が選択された」という意味を含んだ説明はあるが、読者にうまく伝わったのかは微妙な所。もし小説で細かい説明無しにこれをやられると、私は怒り心頭になるのだが、色々とネタを毎月投入しないと続けられず、予定通りに等は滅多に進まない雑誌連載の漫画である事を割り引くと「仕方ないかも」とか、今回は思ってしまった。ただ、以前にコオネと久遠の因縁の決着時も、読者の予想に任せる様な展開をしたまま放ってしまったので、それと重ねて考えると、やはりあまり上手いラストとは言えなかったと思う。


あ~、色々と考えが纏まらず、またもやだらだらと書いたテキストが長くなってきたので、ここら辺で無理に切っておくか。マジにちょっと時間的にやばいし。
中平先生がまた格闘中心な漫画を魅せてくれる事に期待しています。(言われんでも格闘を描くと思うけどねw)



※ 一部訂正
忙しくててあんまり良く見てなかったが、1ページ目のカラー表紙のコオネの顔色がまともな色になってるわ。どうも普通に人間になったっぽい。

[PR]
by narukami_x | 2005-12-19 23:02 | 趣味全般
仮面ライダー響鬼 四十四之巻「秘める禁断」 2005/12/18


強い! 強いぞ、斬鬼さん!! アームド響鬼も形無しな程の大活躍!

まるで蝋燭の火が消える間際の一瞬の輝きの様に・・・。

とうとう威吹鬼に死亡宣告された斬鬼さん。夜中に行っていた儀式は返魂の術らしいが、その手の技は大体が体は死んだままで動き回るゾンビー状態か、代償(己の大切な物か寿命)を支払って強化、もしくは甦る物。次回も斬鬼さんはまともに会話している様に見えるので、後者という事か?
それにしてもトドロキは日菜佳のリハビリの協力は断わったのに、斬鬼さんはOKなのか。斬鬼さんも叱咤してトドロキを奮い立たせるのかと思いきや、案外に優しい態度。トドロキは頑張り過ぎるという欠点があるので、そうした態度を取ったのかも知れないが、そこまで理解しあうと、師弟というよりも親子や恋人に近い関係になりつつある気がする・・・。

明日夢パート(最早、桐矢パートと呼んだ方が良いか?)の方だが、モッチーのパネルシアターの講演の後の話となるのだが──何だ、明日夢。その席の位置は!? モッチーの話を聞くのでその位置になったのかも知れないが、前回辺りから特にあきらと仲が良さそうだ。
鬼の修行についてはオロチの影響であんまり進んでないが、明日夢はヒビキさんから陰陽環を授けられた。朱鬼が使っていた様な式神を使える様だが、既にディスクアニマルがある時代で使い勝手の悪い呪具を授けるという事は、何か別に意味がある様だ。あきらは朱鬼に弟子入りを申し出た時に同じ様な物を見せられたが、あの手の式神を見た事無かった様だったしなあ。敢えて特別な力を持つ呪物を常に持たせる様にして、それをどう扱うかで鬼としての適性を見極めるとか? だとすると、桐矢はまんまとそれに引っかかった事になるが───状況的には盗んだんだよな? 予想をワザと裏切る展開が多々あり過ぎるので、現場を見ないと分かりませんわ。

引き続き次回も轟鬼・斬鬼師弟最期の回で、そろそろ響鬼師弟の問題にも決着して欲しいが・・・そこら辺は最終回まで延ばしそうか?
[PR]
by narukami_x | 2005-12-19 02:26 | 仮面ライダー響鬼
魔弾戦記リュウケンドー
コミケの準備で響鬼以外まともにブログ更新出来ないので忘れていたが、1月からコレが始まるんだよな~。
松竹・タカラ・REDがタッグを組むのは良いが、あちこちからかき集めた様なスタッフリスト眺めただけでは、良く分からん。
まあ東映・バンダイまでは行かないかも知れないが、東宝・コナミを追い落とせるか!?

・・・とりあえず主人公の名字を変えて欲しいw
[PR]
by narukami_x | 2005-12-12 23:05 | 趣味全般
仮面ライダー響鬼  四十三之巻 「変われぬ身」 2005/12/11


斬鬼さん解禁!!

・・・また次回に続くかw 桐矢の件もだが、最近持ち越し多いな。

桐矢の修行はやっぱり駄目駄目な状態。ヒビキさんが何を語っても桐矢のくさった根性には焼け石に水だった。負けん気は普通は修行等にプラスに働く要素なのだが、桐矢の場合は「負けなければ良い」と勘違いしている。それも父親=響鬼に勝つ為の修行が、いつの間にか明日夢に「負けないだけ」に変質してしまっていた。しかも早くも逃走。明日夢も単に桐矢のやる気のなさと対比する様な登場で、始めたばかりのただの体力修行だけで逃げ出す桐矢に、呆然とするしか無かった。

一方、鬼である轟鬼は戦い破れた後、そのまま病院に直行し、とうとうドクターストップで再起不能に。若さのパワーだけでがむしゃらに突っ走った鬼人生。だがスピード出し過ぎで脱線して大破してしまった。前から思ってたのだが、飛び道具も使える他の音撃武器と違い、ギターの音撃弦は音撃時に敵に背を見せたまま弾き続けるという、超危険技。まあ後ろには気を付けていたと思うが、さらに頭上までは無理だよなw
それにしてもやはり斬鬼さんは格好良い。別に他の鬼が格好悪い訳では無く、鬼の「師匠」としてはまり役だと思う。ヒビキさんの精神的な強さは、語りが無ければ伝わらない部分があるが、斬鬼さんは僅かなセリフと表情だけで同じくらい語ってくれている様な気がする。
挫折感に打ちのめされていたトドロキは、そんな斬鬼さんの言葉を受け再び立ち上がろうとするが、ヒビキさんが代わりにそれを受け継ぎ、オロチに荒れ狂う魔化魍に立ち向かっていく。
まあ今回の話のミソは斬鬼・響鬼さんの心奮うセリフと言うよりも、ヒビキさんの言葉に何にも見いだせずに逃げ出す桐矢、斬鬼さんの言葉に動かない体を無理に動かし頑張ろうとするトドロキを対比させている事かな。

次回は斬鬼さん中心の回になるが、視聴者の期待通りにそのまま展開すると、既に体を壊している斬鬼さんに残された道は自分の命を使い切る──「死ぬ」事になる。
ただここの所、毎回わざと次回予告で期待させて裏切る展開が続いているので、死ぬ可能性は勿論高いが、単純に「戦う為に死ぬ」方法を取るのでは無く、「弟子の為に最後の力を使う」様な展開になるかも知れない。普通だと轟鬼はリタイヤだが、斬鬼さんは朱鬼師匠ゆずりか分からないが禁術にまで手を出す様に見えるので、それが轟鬼復活の布石である可能性は有る。それに最終回までまだ間が有るので、もう一回は3人の鬼揃い踏みすると思うしねw

さて、次回は如何に!?
[PR]
by narukami_x | 2005-12-11 18:29 | 仮面ライダー響鬼
仮面ライダー響鬼 四十二之巻 「猛る妖魔」 2005/12/4


何かトドロキの髪がリーゼント状になってモミアゲが伸び、ヒビキさんも今までとは髪型が変わっているな。四十一話と四十二話では撮影時期がかなり離れているっぽい。

細かい部分は置いておくとして、さっそくヒビキさんの弟子修行が始まりました。

まずは放置プレイか・・・。

さすがに明日夢達を文句も言い始めたので、次は肉体修行を始める。
うーむ、鬼は体力勝負が重点を占めているのは分かるが、序盤から何にも説明せずに過酷なトレーニングを課し、ふるいにかけるのもどうかと思うな。いかにも体力無さそうな桐矢を落とす為にやっている様な物だ。肉体を鍛えると共にくさった精神を叩き直し、挫折しそうなのをさせないのが、真の師匠だ。・・・まあ、そんな甘い事言って適性の無い奴を残していると、魔化魍に相対した時に大怪我する可能性が増えるという事もあるが、ヒビキさんは前に少年の精神面も鍛えているつもり~みたいな発言もしてたからねえ。

・・・だが、予想以上に桐矢のくさった根性は筋金入りだった。
相変わらず人の背後に突然現れて嫌味を曰ったり、ヒビキさんをストーカーしたり、修行させれば毎回足がつったりと、全くこれっぽちも成長していない。やはりここは彼の将来の為に徹底的に挫折感を味わせた方が良いか? 既にストーカー行為でいつ補導されてもおかしく無いレベルだし・・・。
それはそうと明日夢の方だが、朝はモッチーと仲良くお喋りしてたかと思ったら、昼はあきらと二人で弁当を食べてたりと、無節操にそれぞれの好感度を上げている。このまま行くと、本当に二者択一の選択を迫られる日が来そうだな。ある意味、ヒビキさんの弟子らしいマイペースっぷりだがw

「オロチ」に関しての情報が出たが、魔化魍の名前では無く魔化魍大量発生の現象名という事。(裏をかいて後でまんまな魔化魍が出てくる可能性はまだあるが)
ただ、前回の予告で洋館の男が「我々にも魔化魍を制御する事ができぬ」とか言っていたのだが、スーパー童子・姫にもそれらしいそぶりが有るシーンが無かった。そしてそれとは別に童子・姫の自我の発達を示す様な発言。撮影時期に間がある事も考えると、もしかして展開予定が変わったのか?──とか、勘繰ってみたりして。

最終回間近の為、今までの魔化魍もオンパレードな状態。いずれ関東圏の猛士も全員集合する事になりそうだが、その前に魔化魍側にもう一波乱は有りそうな予感かな。
[PR]
by narukami_x | 2005-12-04 14:45 | 仮面ライダー響鬼
Comiket69 頒布物
一応、宣伝しておきますわ。全然売れないのもアレなので(TT)
・・・という事を去年も言ったなw



参加日・場所  「金曜日 西地区”し”ブロック 26a」
内容:仮面ライダーっ娘CG集 予価200円~300円くらいか?

予想以上に仕事が忙しくなり、結局去年と同じ様な内容。
そして予想以上に響鬼にライダーが多数登場したので、響鬼一本でgo!

・・・来年はそろそろまともに別媒体で描くか・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-12-02 01:36 | コミケ関連