特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
<   2007年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧
また無駄に週末が終わった


確か土曜日は──
寝て目覚めたら、ぼったくりバーの中で、100万円要求された。100万円は持ってたが払う気がこれっぽちも無く、でも逃げられそうも無かったので、警察に電話してとりあえず自分を無銭飲食とかで逮捕してくれ!と叫んだ。
──という夢を見て目覚め、何となくまたお絵描き掲示板で、モンハンの酒場の絵を描いた。

その後は晩飯食いに行き、そのままずっと起きてて、朝方にいい加減眠くなった頃に「やっぱり今日は『どろろ』を観に行こう」とか突然思い始め、そのまま映画館に直行。微妙な感想を抱きつつ帰った後は、そのままダウン。起きたら、録画した今年の新仮面ライダー1話目を観て、毎年の違和感にまた微妙に憤慨。後は映画館の脇の電気屋で慌てて買ってきたマウスを弄り倒してたら、日曜日は終わってしまった。

・・・何か最近は週末の行動パターンが、あまりにも刹那的過ぎるなw


友人のマウス話に触発されて、また刹那的にマウスを買ったのだが、私の要求するスペックを満たす物をチョイスした。

・部屋にケーブルが多くて絡まりやすい→無線式
・部屋に遮蔽物になる物が多い→無線到達距離10m以上
・重いマウスだと、タブレットペンの交互運用時、かなり疲れる→充電式リチウムイオンバッテリー
・ブラウザで頻繁に「戻る」操作をする→5ボタン以上
・お絵描きやゲームで使う→読み取り分解能最低800カウント以上

これを全部クリアするのは、やはりマウスで定評の高いLogicoolしか無いですな~。
買ったのはコレ。

Logicool MX Revolution

私はスクロールホイールはカチカチ動くタイプが好きなのだが、最初に使った時にヌルヌルとした感触とスクロールだったので「これは外したか」と思ったが、任意で切り替えられるんですな。しかもウィンドウ毎にそれぞれの方式が自動に切り替わる。他にも想像以上に高性能な内容にビックリ。
・・・まあ、その分は高かったけどね。夢の中では自分が逮捕されても金を払いたくなかったのだが、趣味に関しては別という事でw
[PR]
by narukami_x | 2007-01-29 03:43 | 趣味全般
食の危機か


納豆が買えなくなったと思ったら、今はスーパーの棚いっぱいに余ってる・・・。
不二家の「不完全リサイクル」システムの報道が続々。
毎週、マグロ漁獲量減少を取り扱った番組が放映。
鳥インフルエンザで鶏が大量処分・・・。

しかし、別に私は毎日は納豆を食べてないし、クリスマスにまともにケーキ買えなかったし、魚はマグロばかり食べている訳じゃないし、鳥以外にも肉はたくさんあり、そもそも賞味期限過ぎてから慌てて食ってる始末・・・。

ぬう、とりあえず日本の経済活動の将来性についてはともかく、私が今、旬の時事ネタを取り扱う理由が無いな。どうも女の子絵がいまいち巧くなり辛いので練習しようと思うのだが、何も考えないと最近は怪獣ばかり描いてしまうので、無理やり理由付けて毎週描くか!と考えたが、時事ネタは無茶だったかw

余談だが、Linden Labのヴァーチャル世界 『Second Life』 の
「ワクワク動物ランド」には新しい食材があるらしい。いや、料理法かw
[PR]
by narukami_x | 2007-01-25 03:16 | 趣味全般
仮面ライダーカブト 総括


・最終回感想

とりあえず、最終回の感想から申しますと・・・
「可もなく不可もなく」かなw

細かい部分に突っ込み入れると、いくらでも突っ込めるが、最初から「遊び」部分が多い作品だったので、むしろいつも格好よく決めている部分を、どの位崩せるかが勝負だったのだが、どっち付かずでしたわ・・・。
いや、勿論、限りなく格好良く決めた方が良いに決まってるけど、そう見せる為には最終回前に大きな仕掛けを施す必要がある。その為に天道が前の回に瓦礫の下に埋もれたのだが、それを生かす工夫が特には無かった為、マイナスに働いてしまった感じだ。天道が「あの程度」で脱落するとは誰も思ってなかったからね~。
私が期待していた展開は二つ。


ダークカブトは擬態天道ではなく、本物がいつの間にか掏り替わっていた!

『おばあちゃんが言っていた。全て予定通り。』


別の時間軸の天道が登場。あるべき世界の為にハイパーゼクターの力であちこち時空改変、そしてここが最終地点!

『(この時点の)世界を中心に俺が回っている。』



今のハイパーゼクターは未来からやってきた2機目で、それ以前の謎のハイパーフォームの出現も天道の仕業という設定があったので、そこら辺をもうちょい推し進める展開があるのかと思ったら、時空の果てに飛んだひよりを追うだけで終わってしまったんだよな・・・。
それはまあ期待し過ぎだとしても、出来れば擬態天道の代わりに矢車兄貴を登場させて欲しかったですわ。
地獄まで一緒だぜ、相棒。




・総括  「赤い靴」

仮面ライダーカブトは傲岸不遜な主人公、天道を中心に世界が回った物語だった。そしてその遠心力に振り回された男、加賀美新の物語でもある。

龍騎の辺りから、ヒーロー物でも杓子定規ではない強い個性を持つ登場人物が多く現れる様になった。それを突き詰めた結果に生まれたのが、カブトという番組。くさいセリフを吐きまくって、見てるこっちが恥ずかしくなるくらい格好よく決める。リアルではありえない展開と、都市に潜むエイリアンと秘密組織との非情な戦闘を組み合わせ、そのギャップを緩急を付けて楽しく演出してくれました。
・・・もっとも、それが巧くいったかどうかは微妙な所。最初から、あまりにも強い個性を見せられたので、それに続く登場人物達もかなり濃い性格で、それ故に各キャラクターがバラバラに動き、物語的に非常に纏まりがない仕上がりなってしまったと思う。
そんな纏まりのない話を一つに纏めるキーが、普通の主人公像の加賀美新だったのだが、どうもパッとしませんでしたわ。天道を引立たせる役柄なのだが、仮面ライダーカダックにして、カブトとあまり変わらない立ち位置で戦わせた所為で、余計に冴えなかったのかもしれない。

設定面でもその纏まりの無さが目立ちましたわ。
警視総監=ZECT首領の加賀美パパがラスト近くで言った「暴走スイッチ」。これに関しての、詳しい解答は結局出されなかった。まあ調べれば分かると言えば分かるのだが、カブト・カダックのワームに対する暴走性について「赤い靴」との比喩を加賀美パパが言っていた事からすると、それしか無い。
同じ部分でホッパー兄弟が何であんなにグレちゃって、ホッパーに変身出来るのかも具体的に説明は無かった。彼らはカブト・カダックを嫉み、そしてカブト達を倒しただけで何もせずに帰っていく。彼らの存在は加賀美パパは知っていたが、幹部の三島は知らなかった。つまり「暴走スイッチ」にかかわっていて、それの早期発覚を止める為だけの「ストッパー」役だから、という事になる。全ては来るべきネイティブとの戦いへの布石なのだが・・・だから、そういう説明をちゃんと最終回とかでして欲しいんですよ!(TT)
ハイパーゼクターや擬態天道、他にも色々と詳しい説明の無い部分が多々ある。

ネタをばら撒きまくって、使えそうな物だけ拾っていき、後は視聴者の想像力にお任せします。──そういう手法もあるが、剣のワーム化についても最終回近くまで放置してた様子からすると、物語の流れとして纏め、それを生かす力が少し足りなかった気がしますわ。
まあ、30分で毎回戦闘入れて、さらに視聴者を引き込む罠を仕掛け、その上に色々と「諸事情の都合」で予定変更が発生するのも特撮ヒーロー物の常か。カブトもそれからは抜け出せなかった模様かな?


「仮面ライダー」という赤い靴を履いて、果たしてどこまで踊り続けられるか。暴走か、それとも新生するか。また次へとの期待を残して。
[PR]
by narukami_x | 2007-01-23 01:39 | 仮面ライダーカブト
ふぁんたじぃ2本立て
季遊さんのリンクを追加しました。よろしくです~。


何か正月休みで生活パターンが狂った所為か、体調不良な日々。
いまいちやる気が起きないので、とりあえず溜まっている録画を消費してみる。
今期開始のアニメは敢えて録ってみなくて良いかも・・・。前期から観ているアニメもまだ終わってないし、丁度良かったか? とか言いつつ、リアルタイムでは観てしまうのだが・・・。

珍しく─もないが、ファンタジーアニメとか放映してます。原作は・・・ああ、本屋でギラギラ輝く表紙で異様に目立つ「デルトラクエスト」か。内容は伝説のアイテムを持った主人公が魔王を倒す旅に出る──えらい王道だな。まあ、海外原作で豪協力のアニメだから、あんまり奇抜な内容でも困るのだがw クレジットに「豪日交流基金」、後援がオーストラリア大使館とかなってるが、政府が推し進めるヲタク文化推進の一環かな? 



とりあえずお約束の美少女ヒロイン「ジャスミン」・・よりも私はどちらかというと中年戦士「バルダ」に萌え~。・・・え? 主人公? どうでもいいぴょ~。

もう一つ放映開始したファンタジーアニメがあるが・・・・『Master of Epic』。意図的に略称「萌え」に改名した同名のMMORPGのアニメ版。これが「凄い」と聞いたので、さっそく観てみる。

うわあああああ、まじ、凄い!

これは・・・・・・・・・4コマアンソロジーをアニメ化? 何だろう、この同人テイストは!?
短編でボケをかます内容なのだが、「辻ヒールした時に、対象がモンスターに倒されると、モンスターの攻撃対象が支援魔法者に変わり、襲い掛かる」とか、MMORPGをプレイした者にしか分からないネタを平気で入れてくるよ! それといちいち変に説明セリフを入れたりもする。
実はアニメ会社のGONZOがこのネットゲームの運営もしていて、その販促用のアニメという訳なんですなw

何となくファンタジーアニメみてたら、ドラゴンを描いてみたくなった。



MonsterHunterの黒龍。またこのパターンかw いまいちの出来だし・・・。
[PR]
by narukami_x | 2007-01-17 04:49 | MonsterHunter
Xboxで心霊写真を撮ろう
Xbox360買おうかと思ったら、売場がえらい混んでたので、とりあえず止めておく。
何か最近出たゲーム同梱のコアシステムにも、ドライブや電源周りの初期不良が結構出ていると聞いた。販売開始されてから1年以上経過してるゲーム機なのに、何だかなあ。省電力静音設計の新モデルが別に販売されるらしいし、もうちょい待った方が良いか?
とりあえず、心霊写真でも撮って我慢するか~。



双子美少女激写ゲーム『零2~紅い蝶~』。Xbox販売名では「FATAL FRAME -CRIMSON BUTTERFLY」と、何故か英名。Xboxは日本じゃ売れてない事が関係しているのかは不明。
高解像度の旧Xbox版を買ったのに、後半までプレイして放置状態なので、さっそく続きをプレイ。

戦場カメラマンの血が騒ぐぜ! 俺のユーフォリア・パワー全開で激写!!

・・・美少女幽霊に抱きつかれて、悶絶死。
もっとも、PC側も美少女だが・・・。

(暫く繰り返す)

駄目だ・・・うまく撮れない・・・。わざと抱きつかれたのは置いておくとして、やっぱりこの手のゲームは途中で放置すると、操作に苦労する。それとMAP完全に忘れてる・・・。

心霊写真は諦めてソロで龍でも狩るか。という事でモンハンをプレイ。



ぐは、武器の操作や攻撃のタイミング忘れてる・・・。絵みたいな封龍剣「超絶一門」程の攻撃力ある武器持ってるならともかく、かなり厳しいw

やっぱりゲームの腕前は日々鍛えてないと、すぐ落ちますわ(TT)
[PR]
by narukami_x | 2007-01-09 04:03 | ゲーム
ウルトラマンメビウス 「オーシャンの勇魚」


飛行怪獣アリゲラ登場の回。GUYS・ウルトラマンと空中戦でマッハの戦いを繰り広げる。お約束のソニックブームも出してくれます。GUYSオーシャンの飛行メカも水陸差無しの、水面を切る特殊な飛行してくれるわ。特撮バカとしては、こういう物理法則無視の嘘演出が「大好き」だったりしますw

・・・ってか、何だよ草加君! えらい格好良い役じゃん!!
───あ~、いや、「草加」は仮面ライダー555のカイザやってた頃の役名で、本名は村上幸平。今回は勇魚です(^^; 
555のスネークオルフェノク=海堂直也役の唐橋充が、ライオン丸Gに出てきた時もそうだったが、自分が以前好きだった役の俳優が登場すると、何か嬉しい。
[PR]
by narukami_x | 2007-01-07 07:17 | ウルトラマン関連
明けましておめでとうございます


本年もよろしくお願いします。

と、言う訳で、別パターン年賀絵もついでにUP。
面倒なので、他はお絵描き掲示板製w



『おばあちゃんが言っていた。カブトは1/21で終わりだってな』
特撮対応年賀絵。既に次のライダーの公式サイトも開いていて、毎年の如く、凄いデザインのライダーなのだが、それよりも「俺、参上!!」のセリフの方が気になるw
そういえば私、今年はおばあちゃんが亡くなったので、年賀挨拶は控えるべきだったか?
まあ、親戚はともかく、ネット上は不特定多数相手だし、あまり関係無いか・・・。



モンハン対応年賀絵。
年賀イベントでさらに巨大なドスファンゴが出たそうな。
あれよりデカいとなると、龍すら倒せそうな気もするが。



友人に贈った年賀ラクガキ絵。
彼女の猪が一番大きかった図。


結局、コミケ後の連休は、ゴロゴロして、友人と毎年恒例の「微妙な映画鑑賞会」をしてましたわ。
と言っても、普段は選んで観ないタイトルを借りてくるだけだが、最近の映画は比較的出来が良いのが多いし、本気で微妙なの選んでくると、後でグッタリしそうなので、ハリウッド大作を避けただけの内容w
とりあえず、観た中で一番微妙だったのはGONZOの「ブレイブストーリー」。出来が悪い訳では無く、むしろ映像に関しては相当な物で、ジブリの「ゲド戦記」よりはずっとエンターテイメント性に優れ、子供にもお勧めできる内容だったが、ひねくれた大人の私には、どうもイマイチ納得いかない展開だった。
・・・あれよりも一緒に観た「エイリアンVSプレデター」の方が面白いと思う様な、特撮バカの私が言う事なので、比較参考にもならんかもw
[PR]
by narukami_x | 2007-01-03 20:51 | MonsterHunter