特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
『MonsterHunterPortable 2nd』 プレイ中
MonsterHunterの最新作を発売日に買ってきて、プレイ中~。
ちなみにXbox360の「アイドルマスター」はこの期に及んでまだ封を切っていない。
当分、出来そうもないな・・・。



今回からのオリジナルモンスターの「ティガレックス」。
太い腕でトカゲの様に爬行するムービーから、翼が退化していて走るかジャンプで移動するかと思いきや、予想に反してまともにバッサバッサと飛んで来やがりましたw
強面通りに強いので、まだ装備が弱い今の状態では、逃げまくりでまともに戦った事無かったり。逃げる背後から雪球投げつけて、雪合戦してくるのは勘弁して下さい(TT)

ポータブル版は全般的にPS2版よりソロプレイに適したバランスになっている。それは2ndでも同じだが・・・何か、序盤の敵が結構弱い様な・・。いや、多分、これがまともな難易度なのだろう。基本的にモンハンはネットゲーの協力プレイ前提で設計された物なので、オフラインモードでは異常に厳しい部分があるんだよな。
とりあえず最初から太刀が装備出来るのは太刀使いの私としては有り難いですなw



今回のポータブル版はシェンガオレン(超巨大蟹)とも戦えるとか。そうすると金剛/不動シリーズ防具も生産出来そうか? ・・・古代宇宙人装備か・・・。
[PR]
by narukami_x | 2007-02-26 01:42 | MonsterHunter
しにがみのバラッド。
小説じゃなくてTVドラマを観ていますわ。ちなみに原作小説はまだ読んだ事はない。


フォーサイド・ドット・コム提供の深夜枠の30分ドラマ版。フォーサイド・ドット・コム提供のドラマはあまり出来がよく無いのだが、深夜ドラマは特撮ヒーロー物に出てきた役者が結構登場する率が高いので、何となく気になって続けて観ております。この前に放映していたドラマ「半分の月がのぼる空」では主人公がマジレンジャーのマジレッドだったりします。

ドラマの方は短編なのだが・・・短編毎の登場人物の方は別に問題ないが、主人公の白い死神と仕え魔が出た途端、ヘナヘナと気が抜ける・・・。餓鬼んちょ仕え魔は演技下手でも仕方がないと思うのだが、死神のたどたどしいセリフ読みと合わさると、破壊的に雰囲気ぶち壊し(TT) 劇場版「どろろ」も一歩間違えたら、あんなんになったのだろうか?
とりあえず、原作ではどうなんだろうと思って検索してみると・・・あれ? あの餓鬼んちょ居ないぞ?
その代わり、死神の女の子と一緒に羽の生えた黒猫がいつも一緒に居る絵が載っている。

───はっ!? ま、まさか、こいつが仕え魔なのか!!?

ますます気が抜けてきた・・・。

猫をそのまま使うのは無理でも、もうちょい、どうにかならなかったのか!?
ドラマはまだ続いているが、原作ファンの間では早くも黒歴史化。
ちなみに私はそれでも観ます。
何故なら、今週と来週の登場人物が仮面ライダー「電王」と響鬼の威吹鬼弟子「あきら」だからだっ!
<それしか無いのか?
[PR]
by narukami_x | 2007-02-22 03:12 | 特撮全般
連想ゲーム
何となく気になって撮って、そのまま寝ちゃって観なかった、とんねるずの番組を再生。
大山のぶ代のアルカノイド ワンコインクリア伝説は本当だった!
ちなみに私はブロック崩しは脱衣しないと、いまいちやる気が起きませんw



先週は風邪、今週は仕事が忙しく、さっぱりロストプラネットのプレイが進まんですわ。ロスプラと一緒に「アイドルマスター」も買ってたのだが、封すら切っておりません・・・。
バレンタインデーとかもあった様だが、いつの間にか終わってました。
───気付かないのもおかしいな。うちの職場は1フロアにかなり沢山人が居るのだが、まるでチョコの話が出やがりませんでした。例年では女子が配ったりする風景が見受けられてたのだが・・・風邪で休んでいる間にチョコ禁止令とか出たのか? まあ、お菓子会社が「義理」のついでに「ホワイトデー」なんて物まで作ってくれたので、その余計な心配とかは今年はしなくて済んだという事にしときますかw

忙しくてここの所、テレビニュースとかもあまり観れなかったのだが、巷は北朝鮮対応の6カ国協議についての議論で盛り上がってる様ですな。韓国が5万トンの原油を送るとか。今、チョコが貰えなかったせいか急に喰いたくなって、自分で缶入りチョコを買ってポリポリと喰ってたりするのだが、この缶がドラム缶の様な形。・・・うーむ、本物のドラム缶に溶かしたチョコを流し込んで、でっかく『義理』とか書いて韓国経由で北朝鮮に送ると面白いかも?



さて、MonsterHunter Portable2も来週には発売。という訳で、いつものモンハン絵を上げw
ここの所、疲れているせいか、帰ってきたらすぐ寝て、夜中に起きてネット巡回やお絵描きとかしてまた寝直したりしてます。その所為でどうも睡眠が浅いのか、結構、直前に見た物の夢とかを良く見ますわ。
ちなみに今日はこの絵を描いたせいか、案の定、モンハンの夢w

モンハンもPORTABLE版でシリーズ5作目。もうPC版の「MonsterHunter Frontier」、そしてPS3版の「MonsterHunter3」とかも控えて、どんどん続編が増えていくスケジュール。夢で見たのはさらに続編が出まくってヴァーチャルリアリティで感覚を直結し、そこにアクセスした様な内容。
無駄にシームレスに広いマップ、そしてさらにやっかいな敵が続々出現する世界を前に、とりあえず全力疾走でマップを見て周り、クリアする気ゼロの観光気分な私。適当に走ったので、雑魚敵が次々にリンクし、シームレスなので、Zoneで途切れずに、延々と追いかけてくる。どうせすぐログアウトするから良いや!とか無責任な事を考えていたが、そこでログアウトする方法が分からない事が発覚!
他の連中も同じ様に戸惑っている様で、脇からうじゃうじゃやってくる敵に次々に屠られていく。それを放って逃げる私。モンハンなので多分、3回誰かが死ねばクエスト失敗でログアウト出来る気もするのだが、自分が死ぬのは嫌なので、そのまま走り続ける。・・・さて、どうしよう?
何となくあっちの池とか良さそうな気がしたので行ってみる。水面を覗くと七色で波が無く微妙な感じ。何を思ったのかそこに飛び込んで、オプション画面を開いてメーターとかガチャガチャ弄り始めた。当然だが敵が殺到してきて、もみくちゃになりながら、あ~・・・間に合うかな~・・・とか思った所で、目が覚めた。

──良かった! ログアウト出来たよ!!

・・・いやいや、そうじゃなくてw どうも最後の池の部分がよく分からない。何かの暗喩か?
それでよくよく考えてみたら、もっと直接的な理由でしたわ。

メーターをガチャガチャやってたのはグラフィック設定を意図的に上げてたらしい。水面エフェクトはえらく負荷が高く、そこに映るオブジェクトが大量に増えれば、処理オーバーフローで接続が切断されるかも?・・・って、ややこしいわ!
いつもネトゲ買う度に、そこら辺の調整をよくしてたからな~。特に去年末プレイしてたPSUは無駄にグラフィック負荷が大きく、回線切断される事も度々あったしw


いつも碌にプレイしない割りに無駄な知識を覚えて、連想プレイばかりしていますww
[PR]
by narukami_x | 2007-02-17 05:44 | MonsterHunter
『LOST PLANET』で猫バトン


とりあえず、買い忘れたXbox360のゲームを買ってきたにゃ。
LOST PLANET」にゃ。販売数100万本突破したゲームにゃが、Xboxに不信感の強い日本市場では予想よりは売れにゃかったから、中古で安くなってて丁度良いにゃ。

暫くFPSゲームをやってにゃかったから、珍しくマニュアルを頭から読んでみるにゃ。
「■安全情報」とかで、「ゲームをするときは、次のことに注意しましょう。」とか書いてあるにゃ。


●テレビから離れて座る
うちのテレビはハイデフ大画面じゃにゃいから、離れたら画面の文字が読めないにゃ!

●画面の小さいテレビを使う
だから見えない言ってるにゃ! Xbox360の仕様じゃ無いにゃ!!

●明るい部屋でゲームをする
それは何となく分かるにゃ。周りが暗いと後で「目が!目が~!!」とラピュタのムスカみたいになるにゃ!

●疲れているときや眠いときはゲームしない

仕事で帰って来た後にゃから、疲れてるし少し眠いにゃ! でも、そんな事言ったらゲーム出来ないにゃ!!


という訳で、殆ど無視でレッツプレイにゃ!

ストーリーは、とある雪に覆われた惑星でにゃ、人類が原生動物「AK」の中から新エネルギー「T-ENG」を見つけた事で始まるにゃ。新エネルギーの為にAKを皆殺しにするにゃ! どう見ても人類は悪にゃ!!
主演は「イ・ビョンホン」にゃ。どうせポリゴンデータで顔アップににゃるのはムービーシーンだけにゃから、金城武でも松田優作でもどうでも良いにゃ!

・・・雪で歩きにくいにゃ。近くにパワードスーツの「VS」が転がってるにゃ。あれに乗ってくと、強いし少し早いにゃ。さっそく発進にゃ!

───にゃ? にゃあああああぁぁぁぁぁ・・・・・ ボチャン。

水に落ちたにゃ。冷たくて即死にゃ。気を取り直して再発進にゃ!

───にょ? にょおおおおおぉぉぉぉぉ・・・・・ ガーン。

クレパスに落ちたにゃ。勿論即死にゃ。大体、画面が全体的に白っぽくて良く見えにゃいにゃ。

そんにゃ事を繰り返しにゃがら、漸くAKの巣に来たにゃ。さっそく皆殺しにゃ!
AKは虫と言っていい形状してるにゃ。向こうからダンゴ虫よろしく転がってきやがるにゃ!
主人公はアンカーを持ってるにゃ。コレを投げてワイヤーで飛ぶ様に移動する事もできるにゃ。さっそく壁に投げたにゃ。
──にゃ? 弾かれたにゃ!?
ダンゴ虫に轢かれたにゃ。どうもアンカーがひっかかる所を見極めて投げにゃいと駄目らしいにゃ。こんな事じゃ、アーカム財団のS級スプリガンににゃれにゃいにゃ(TT)


そんな感じに、とりあえずどうにか1面のボスを倒したにゃ。雪の惑星という設定にゃので、全体的に動きがトロくて辟易するにゃ。
Xbox360はゲーム機の仕様で、実績というのがあるにゃ。要するにプレイしてある目標を達成するとにゃ隠し要素が開くあれにゃ。それをゲーム機の基本メニュでーサポートしてるにゃ。XboxLIVEからネット上で購入する特典データと区別が付きにくいにゃ。こういう風にユーザーから逐一お金を毟るにょが、次世代ゲームな訳にゃ。今後はこの方向が強まると思うにゃ。みんにゃ、ゲームソフトの代金だけ用意しても駄目にゃぞ?

さてにゃ、「LOSTPLANET」の実績項目にゃ・・・全部で35項目にゃ・・・・。
先は長い・・・ってにゃ、オンライン対戦部分の実績は、私の腕じゃクリア出来にゃいにゃ・・・。

────────────────

ところでにゃんで今回は擬似猫語と言うとにゃ、Chon氏から猫バトンを渡されたからにゃ。
猫バトンは次の5人の生贄に渡す呪いがかかっているにゃが、私は渡すつもりにゃいにゃ。
何故にゃら、一度貰ったものは持ち逃げするにょが、アイルー魂にゃ!
追っ手が来たら、穴掘って逃げるにゃ!!
[PR]
by narukami_x | 2007-02-08 02:02 | ゲーム
仮面ライダー電王 1話・2話



最初から最後まで関俊彦の声がクライマックスだぜ!


──仮面ライダー電王が始まりました。

1話目を見た感想は───ド、ドラえもん!?

・・・いや、いじめられっ子とタイムマシンというキーワードが合っただけだがw

実際はパッとしない主人公がひょんな事から選ばれし者になって、隠れて大活躍!という内容。
うーん、何か色々と主人公像を模索した結果、古いパターンにまた戻ってきた感じw ただ、主人公の気弱な性格はあくまでも変異の落差を演出する為に用意された物なので、それはそれで良いかなと。
主人公が憑依に近い状態で、変異・変身するパターンだと、今、連載されている漫画等では、「鉄腕バーディー」が一番近いか? あれは宇宙刑事なのだが、電王ももはや仮面ライダーというよりも、かなりそっち寄りに近い。2話目で敵のイマジンが巨大化した上に、いきなり電王がデンライナーに乗って変形するそぶりを見せたので、少し青ざめましたわ。

電王の物語のミソとしては、やはりライダーが乗る電車──デンライナーがタイムマシン物という事。それも近過去の破壊を修正するという、最近のタイムトラベル物の流行を取り入れた感じ。
2話目を観た限りでは、トラック1台を近過去で暴走させるだけで、何故か未来が同時多発テロ的に崩壊。それと主人公がわざと過去を変える部分もあった。タイムパラドックス的に抵触する部分をやりまくりな訳だが、電王のタイムマシンはあくまでも演出の一部で、主では無いって事かな? 時空改変の要素はカブトでもあったのだが、劇場版の部分だけだったので、電王でそれを取り入れると聞いて、結構期待してたんだけどね~。

龍騎の辺りから始まった、モンスター契約(電王はイマジン契約)の要素もあるので、まだ色々と新しい設定が出てきそうな気配。毎年1、2話で設定説明、3話目から物語が本格始動するのだが、まだまだ手の内を明かしてない部分が多いので、電王を見極めるのはもうちょい先まで観ないと、何とも言えないですな~。
[PR]
by narukami_x | 2007-02-06 03:36 | 仮面ライダー電王
まさにただの箱。
とうとう買ってきたペケ箱○──XBox360。
まるっきりマイクロ型のデスクトップPCにしか見えない外観と、尋常じゃない大きさのACアダプターに悪態を付きながら設置。XboxLiveにもサインアップしてさっそくゲームプレイ!

・・・あれ? ゲームのディスク無いよ?

・・・買ったつもりで、実は買ってなかった罠。
秋葉原に行って買ったのだが、以前は相当たくさんあったPCパーツショップが徐々に減り(一部では夜逃げ同然に撤退したのも有り)、あちこち新しい店に入れ替わってたので、それをあちこちチェックしてたら、どうもチェックだけで買い忘れたらしいw

ダウンロードでゲームプレイも出来るが、そんなに色々プレイしてる時間もないしなあ。
とりあえず先に、今頃買ってきたカブト格闘ゲーでザビー最強伝説を目指すか?
[PR]
by narukami_x | 2007-02-05 01:34
映画 『どろろ』
例の如く観てきました、劇場版『どろろ』。
駐車スペースの関係もあって、朝一に行ったのだが・・・あんまり並んでないな。
ぼんやりベンチに座ってる連中が開場を待ってるだけでした。丁度ベンチの空きが無かったので、私が門の前でトップで立って待つ羽目に。早く来過ぎた気がするよ・・・。新規の話題作が「どろろ」だけだったのと、子供向けの映画も上映してない時期だったからな~。上映ラインナップで客の入りがかなり変わる訳か。劇場経営も難しそうだ。



「どろろ」の原作も読んだ事があるが、あれ、そもそも打ち切り漫画なんだよなあ。妖怪ハンター系の話は好きなのだが、映画ではどの程度まで話を膨らませるか──と思ってたが、予想よりも手堅い造りでしたわ。戦争のモブシーンとかを予告編で流してたが、あれはあくまでも回想・モノローグだけで、全体の話では百鬼丸と一族の確執のみだけですわ。出来は悪くは無く、むしろ良い方なのだが、どうも観覧後の印象が薄い。恐らくは構成の問題だと思う。

原作「どろろ」の見せ場って、体を失った赤児の百鬼丸が養い親に「組み立て」られ、妖怪を倒した時にパーツが落ちて体の断片が戻る部分なんだよな。映画でもそれは同じで、冒頭で浮浪女の「どろろ」と百鬼丸に会った時は、その妖怪退治の最中。その後は無理やり付いてくる「どろろ」と一緒に妖怪退治の日々、その合間に「組み立て」られた昔話をする寸法。つまり最初からクライマックス状態なので、最後はどうするつもりなのかと思ったら、家族間の個人的な落着だったので、少し尻すぼみだったかな。

後はというと、やはりアクションシーンか。わざわざ香港の名アクション監督、チン・シウトンに撮らせただけあって、妖怪戦はかなり派手。
妖怪はCG、百鬼丸はワイヤーアクションで、まあ仮面ライダー響鬼の魔化魍戦をもっと派手にした感じ。私的には好感触なのだが、敢えて難を言えば、妖怪に併せた百鬼丸の動きが早過ぎて、剣をどう振っているのかよく分からなかった点かな。適当に両手剣でチャンバラしまくってる風にしか見えなかった。まあ化け物相手なので、それでも別に良いけど、終盤の人間同士での斬りあいでは、まともに殺陣で戦っている。
あれだけの超人剣術する百鬼丸が、今更、人間なんか敵では無いのだが、それに反してまともに剣劇する。その理由として、百鬼丸は精神的に「人間を斬れない」という枷がある事。それがラストの伏線になっているのだが、それがうまく観客に伝わっているかどうかで、この映画の評価が変わるかな。

・・・そういえば、百鬼丸ばかりで「どろろ」自身については話してないな。

・・・だってなあ。女の子ですからw

原作ではラストにそれが発覚するのだが・・・どろろ役の柴咲コウはかなり熱演した方だと思うが、どうやっても最初から100%女の子にしか見えないですわ。それは撮っている方も分かっている様で、どろろ自身は「自分は男」と言いはっているが、どろろの精神的外傷扱いで、周りも性別については気にしない方針w 男っぽい格好とセリフで何故か付いてくる女の子──何か一部のマニアに受けそうな設定だ・・・。
[PR]
by narukami_x | 2007-02-01 03:47 | 映画