特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
<   2010年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧
ワンダーフェスティバル2010夏
──という訳で、7/25は造形師の祭典を見に、幕張メッセに行ってきました。



これが全会場の5分の1くらいかな。
前々回まではお台場の国際展示場だったが、例のエスカレーターの雪崩事故で幕張メッセに変更。前回は強風で列車が止まって行けなかったので、幕張メッセでの開催は初めて見に行きましたわ。

・・・こっちの方が良いな。通路も広いし空調もよく利いているし、何より問題になりそうなエスカレーターも無いし・・・最初からこっちで開催の方が良かった?


とりあえず会場の様子とかは撮ったが、細かいフィギュア関連とかはもう他のサイトでもっと綺麗な写真で紹介されまくると思うので、それ以外でぼんやりと私が気になった物だけを撮ってきた。<おい

鳴神が撮ってきた会場の様子はこちら
[PR]
by narukami_x | 2010-07-25 23:21 | 趣味全般
7月に観た映画 アリエッティ他
もうちょい他に観るつもりだったが、仕事が忙しかった事もあって、結局2本だけ・・・。



・借りぐらしのアリエッティ

──日本かよ!

・・・それはさておき、恒例のジブリ映画を観ました。

この映画の見所はストーリーよりも、ミクロサイズの世界は通常サイズの人間の世界と違って見えるという物理特性の変化を、巧く取り込んでいる辺りかな。まあ、本気で全部再現している訳では無い(そんな事したら、まともに二足歩行出来ない上に、恐ろしい怪物(昆虫等)に小人は襲われまくる)のだが、細かい部分で通常の世界との差異を表すことで、異世界観を醸し出していますわ。

上映後に他の人が喋っているのに聞き耳を立てていると、ストーリー展開が「あっさりし過ぎて物足りない」というのがちらほらと聞こえた。
まあ、ジブリの映画としては、映像的に凄く目立つシーンは少なかったのだが、小人の世界ではあれでも大冒険な気もするし、アリエッティと関わる少年の日常世界との接点を考えると、あれくらいで丁度良かったとも思う。

ここ最近のジブリ映画、特に「ハウルの動く城」や「崖の上のポニョ」が良くも悪くも感性主導の為に、シーンの意味がうまく伝わらない場合が多かったのだが、今回の映画ではそういった部分を無くし、小人の世界観がすぐ分かる様に描いていたのは良かったと思いますわ。


・インセプション

夢の中からアイデア盗むチームの話。

実際は夢というよりも個人の精神世界に潜入している。機械で対象者と潜入者の意識を繋ぐ辺りは、夢枕獏のサイコダイバー・シリーズに近いのだが、「夢の中では時間経過が早い」「夢の中の夢」とか、夢で起こる事を重ね合わせ、ある種の法則性を持たせる事で、潜入世界での映像表現にリアリティを出している。

内容的に細かい説明が多く、前半が盛り上がりに欠けるが、後半はずっと緊張状態だったりとか、見せ場のメリハリがちょっと少ない気もしたかな。何かSF小説を読んだ時の様な鑑賞感だった。まあ「ダークナイト」の監督なので賛否が出てくると思うが、物理法則を無視した様な映像表現については一見の価値有り。

どちらかというと、主演のディカプリオよりも渡辺謙の方に興味があって観たのだが、潜入チームの中でも変に渡辺謙の立ち位置が高いんだよなあ。他の映画でもそうだが、ハリウッドでは、渡辺謙は謎めいた日本人の代表格みたいな者なのかな?
[PR]
by narukami_x | 2010-07-24 15:08 | 映画
たまにはアキバ


ここの所、仕事が忙しくてまともに秋葉原行けなかったので、週末にPCパーツ確認がてらに秋葉原に行ってきましたわ。



・FFXIVベンチマーク


9/30にFF11の後継になるネトゲ、FF14の発売が決まった。さっそく配布されているベンチマークアプリを動かしてみたのだが、MHF以降、PC環境をダウングレードして静音化を図ったので、案の定、最低動作環境すら満たない数値が叩き出されたw
PS3版の発売はかなり遅れるらしいので、ちょっと秋葉原廻って新マシンを見積もる事に。

いくつか調べたが、グラフィックボード「NVIDIA GeForce GTS 250」辺りの性能でPCを組むと、ぎりぎり標準動作が見込める2500のスコアが出せる様だ。そのクラスのグラボは1万円台だが、PC組みなおすとなると、もっと上のパーツで快適動作を目指すのだが、もう一段上のグラボは3万円くらいはするな・・・。
発売日まではまだ時間があるので、もうちょいコストパフォーマンスを狙って待った方が良さそうか。

・・・ってか、あのFFXIVベンチ、かなり性能高めで設定されてるよな~。



・ラブプラス+


秋葉原に来たついでに、この前買ったラブプラス+のすれ違い通信を試してみた。

自動でラブプラス+の名刺交換出来るのだが、すれ違いの記録が20人上限でセーブしなければならないのが、ネックだな。
秋葉原に居た3時間でチョコチョコとチェックして、大体100人と名刺交換。交換時にプレイヤー毎の出身地設定で、ご当地ラブプラスの二等身キャラをついでにゲット出来る。ご当地キャラは47都道府県×4+α個数あるのだが、3分の1弱くらいはゲット出来た。さすが秋葉原。こんなに持ち歩いているとはw
ちなみに名刺交換した中で彼女とのゲーム内「交際期間」が一番多かったのは「高野巌さん 1266日」でカップル超えて「とわのふたり」の称号。
・・・+発売されて1週間程度だが、やり過ぎですw

さらについでに、ヨドバシカメラに設置されているDSステーションで「ご当地カプセル」もゲット出来るので、試してみた。

・・・DSステーションの前が人でいっぱいだよ(TT)

1mの距離でwifi通信したのに、「DSステーションが発見できません」との表示。休日は無理っぽい・・・。


・初音ミク Project DIVA ARCADE


PSPで発売されていた初音ミクのリズムゲーが、アーケード版でも稼動する事になったので、秋葉原のゲーセンを覗いてきたのだが、どこも初音ミクの所だけ、プレイが行列待ちw
相変わらず初音ミクの勢いは留まることを知らないらしい・・・。



・THE iDOLM@STER イラスト集



逆にアイドルマスターの方はかつて程の勢いは無くなりつつあるが、Xboxでアイマス3の発売が発表されているせいか、これまでCDジャケット絵担当の杏仁豆腐氏が描いていた版権絵が、1冊の本に纏まって秋葉原のあちこちの店で販売されていたので、購入。
下書きと彩色パターンとかもそれぞれの完成絵と一緒にスペース取って載せてあるので、画集としての出来は結構良いですわ(^^)
[PR]
by narukami_x | 2010-07-05 01:43 | ゲーム