特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧
近況
・コミケ応募

一応、夏コミの応募はこれで。



いつも通りの特撮申し込みでは3連敗中なので、今回はゲーム系で。
でも都合で、結局いつもと同じ3日目で申し込みになったので、受かればの話だけどね。
まあ、今年は35番目のスーパー記念戦隊も始まったので、時間があればそっちも描くかも。
・・・受かればだけどw


・コミック

今頃な感じだが、チャンピオンRED連載の「真マジンガーZERO」をコミックで纏めて読了したので、drawrで一枚。




連載開始同時期にアニメ放映されてた「真マジンガー 衝撃! Z編」のサポート連載・・・では無い方向で内容が進み、オリジナルな展開になっているな。

雑誌連載だとどうしても断片的な印象ばかりが強くなってしまうが、コミックで改めて通して読んでみると、結構よく出来ている。スパロボ系は特にロボ戦が肝になるのだが、そこの表現が巧みですわ。


・調理

どうも帰りが遅くなり易いので、時間をかけない為に外食になってしまうのだが、外食だと魚があまり喰えないので、電子レンジで魚が焼ける皿を買ってきた。

さっそく焼いて試してみる。

『鮭の切り身』 普通に焼けた。
『鯖の切り身』 普通に焼けるが、皮は焦げ目が付かない。
『鯵の開き』  身は普通に焼けるが、皮は焼けにくい。
『秋刀魚一本』 ベノン(爆霊地獄)

結果
普通にグリルで焼くよりかなり早く焼きあがるし、タイマーで放置しておけば、焦げる事も無い。
但し、電子レンジの構造上、身の内部から水分蒸散するせいで、皮を美味く焼くのは難しい。皮に拘って時間をかけ過ぎると、身がカラカラになってしまう。身を開いてない魚の場合は、内部からの水蒸気で身が破裂してしまう。

・・・レンジで早く焼くか、時間をかけて直火で美味く焼くかのジレンマか・・・。
[PR]
by narukami_x | 2011-02-28 01:09 | アニメ・漫画
つくばSF・コミックフェスタ 2011
2月11日~13日開催の、「つくばSF・コミックフェスタ2011」に行ってみました。東京都内では、同人誌即売会のコミティア2/13で開催されていて、そちらの方が即売会としては大きいけど、たまには地元のイベントも見てみるかと。



・同人誌即売会、コスプレ

こんなところにサークル活動出来るスペースあったのかと思ったら、これまた碌でもないわ。

テナント撤去して天井からケーブル類が垂れ下がっていいる様な打ちっぱなしスペースに、1桁のサークルが参加しているだけw
しかもアルミサッシで隔離状態だ。入り口では夜のライブチケット販売が行われていて、サークル参加者は客寄せパンダ状態・・・。初めて行われるイベントで3日開催なんて無茶だとは思っていたが、これはちょっと予想を越えた対応だった。

一方、コスプレイベントの方は都市部のイベントには及ぶべくも無いが、まあまあ集まっている様だった。惜しむらくは2日目までの天候が雪・雨と最悪だったのと、コスプレ広場が即売会会場から離れている上に3日開催で人数が分散化した事だ。

企業の物販スペースもあったが、地元の商工会が騙されて作っちゃった様な萌え物産展な感じだった。ゲームメーカーの5pbがカオスヘッドやシュタインズゲートのグッズ販売を行っていたが、こんな狭い部屋とは思ってなかったのか、スタッフがうじゃうじゃ居ましたわw



・ご当地ヒーローショー

同人誌即売会の前の広場が、特撮ヒーローの撮影によく使われる所で、つい最近も映画撮影でオーズが暴れていたりしたのだが、そこでつくば=茨城県のご当地ヒーローの「イバライガー」のショーが行われた。私が見たのは晴れた3日目だけ。つーか、1・2日目の雪・雨の中で観るのはシュール過ぎる・・・。


・・・おい! いつの間にかイバライガーファミリーがこんなに増えまくっているよ・・・。

TV放映の特撮ヒーローショーだと、会場いっぱいになるくらい人があつまったりするのだが、イベントの宣伝告知が少なかったのと、そもそもイバライガーの知名度が微妙なので、小さな子供達が3割、最初から会場に居た大きな子供達が7割くらいで開始w


筋立てはグダグダな部分を敢えてクローズアップしたパターンで、子供にタイツ着せて悪の大幹部に祭り上げたり、コスプレ広場から流れてきたメタルギアソリッドなスネーク&嫌々するショッカーライダーを強制参加させたりと、普通のヒーローショーだとまずやらない(やれない)おもろかしい寸劇が見れましたわ。



・トーク&ライブショー

トーク&ライブショーだけはちゃんとした会場で行われた。
そもそもの主催が地元のラジオ局なので、ラジオの公開収録&チケット販売が今回のイベントの主目的だったりする。

とりあえず個人的に豪華そうなメンバーの2日目だけチケットを購入。

トークショーは松本零士御大と「鉄郎」野沢雅子の999コンビ。
メーテルの起源や、松本メカの理論の裏に摩擦工学博士の弟が在る事や、漫画家上京当初の話とか・・・松本御大は自分の事を喋りだすと止まらなくなる・・・とか、色々聞けた。

ライブショーはZガンダムの鮎川麻弥と、マジンガーZの水木一郎の「Z」コンビ。

鮎川麻弥はZガンダム・Lガイム・ドラグナーの定番曲だったが、水木一郎は・・・・やっぱり水木一郎って凄いわ・・・。

前半が松本御大だったので、ライブショーの部分は1時間ちょっとくらいしか無かったのだが、「スパロボメドレー」→「ヒーローメドレー」→松本御大にちなんだ「ハーロックメドレー」と、詰め込みまくってきました。

会場自体は座席半分くらいの埋まり方の600人規模で、そんなに沢山いる訳ではなかったのだが、歌のサビの部分で逐一身振りで観客で合いの手を入れさせ、どういうパターンで歌を繋げていけば観客が答えるか、全て把握している感じ。最終的にはえらい盛り上がりましたわ。相当な持ち歌数と歌自体の認知度が高く無いと、こうは行きませんわ。

歌手は歌う事が仕事だとは言うが、水木一郎はアニソンの真の「プロ」としか言い様が無い。




今回のフェスティバルは、他にも周辺で地域を盛り上げ様と各種イベントが催されていたが、各イベント自体は面白そうな要素はあった物の、細かい配慮に欠けているのがかなり問題でしたわ。次回があるとしたら、もうちょい日程と場所をしぼって開催して欲しい。

・・・とりあえず、サークル参加者が「可哀想」に見えない程度に(TT)
[PR]
by narukami_x | 2011-02-16 06:43 | コミケ関連