特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
タグ:ドラマ ( 7 ) タグの人気記事
カイルが墓場で燭台でデュークを殴った


D&Dの共同制作者が亡くなった(デザイナーは前年死去)との報が流れていた事も有ったので、ぼんやり描画。今出ている版は違うけど、当初のルールブックの赤本で。

・・・まあ、部屋のお片付けで天袋を棚卸ししたら、出てきただけですがw
箱を取り出したらかなりの重量で、足場代わりの椅子が倒れて、危うくルールブックの山にクリティカルヒットを受ける所だったわ。


話は変るが、夜中に欧米ドラマがよく放映されているので、寝不足気味に時々観ていたりします。
もう、人気ドラマでも深夜アニメと同様の扱いで放映なのか・・・。

「NUMBERS~天才数学者の事件ファイル」と「BONES」辺りが最近は面白いかな。

この前「BONES」を観ていたら、今回の事件の説明で「カイルが墓場で燭台でデュークを殴った」というの聞いて、主人公の同僚達は笑うが、ゲームに全く興味がない天才女性法人類学者(主人公)が首をひねるとかいうシーンがあった。

元ネタは「Clue」という推理系のボードゲームでよくあるシチュエーションらしいのだが、私もそのゲーム知らない・・・・・・いや、そういえば1回くらいはやった事あったな。結局、ルール覚える前にプレイする機会が無くなったけどw その時のは海外からの直輸入版だったけど、日本でもエポック社辺りが名前を変えて販売していたらしい。

今現在でも日本製のは売られているが、アニメ「名探偵コナン」のキャラゲーですな。
しかし、コナンというと、私は「麻酔針」ばかり思い浮かぶ・・・。

日本版Clue一覧

[PR]
by narukami_x | 2009-04-18 12:16 | ゲーム
相棒 絶体絶命! 42.195km 東京ビッグシティマラソン


サンデー連載の「金剛番長」の2巻目を買ってきて読んでみる。

・・・・何でも力で解決って素晴らしい!

──という前置きはさておき、週末に映画を観てきたので、今頃だが一応感想を上げとくか。


ここのところ、ずっと仕事が忙しかったので、、家に帰ったらテレビ観ながら寝てしまう毎日。5月の連休も結局、全然ゴールデンじゃないスケジュールだったしなあ。
寝るばかりだと精神的疲労は回復しないので、せめて映画でも観に行くかと、『相棒 -劇場版- 絶対絶命!東京ビックシティイマラソン 42.195km』に行ってきました。
・・・副題長いよw

今回は私にしては珍しく、特撮物とアニメ以外の映画ですわ。
実はTVドラマの「相棒」って殆ど観た事無かったのよね。
「相棒」の最初の頃、単発のサスペンスドラマ枠の放映でちょっと観た時、私的にはいまいちな出来だったり。職場の近くに、ドラマ撮影で水谷豊が来ているのを見かけた時は、まだドラマが続いているのかと驚いたが、その後も観る気が起きませんでしたw
でも、最近は映画の宣伝の為に、週末や夜中に傑作選が放映されていたので、それをぼんやり眺めていたのだが、傑作選だけあってか、これまた予想以上の珠玉の出来。これはもう、観に行かなくては!──と、映画館に足を運んだ次第。・・・罠に嵌った気分もするがw

上映3週目の朝一で観に行くのなら、週末でも余裕だろう・・・と思っていたのだが、席は殆ど満席でした。周りの観客を見渡すと、老若男女バラバラな感じ。人気が相当あるんだなあ。小さい子供連れとかも結構居るが、餓鬼んちょが理解できる内容では無いよなw

映画の内容はと言うと──

さすがに劇場版だけあって、盛り沢山なストーリー展開。宣伝だけ観ると、よくあるパターンの刑事物に見えるが、このシリーズ、ミステリードラマから派生しているので推理物なんだよね。
色々と視聴者の予想の裏をかく展開があり、主人公たち「特命係」と警察上層部との確執も健在と、TVドラマのファンなら観ておいて損は無い出来でしたわ。

ただ、どうも腑に落ちない部分が少し。

確かに出来は良いのだが・・・盛り沢山にし過ぎたというべきか。真相解明後のラストの部分が長く、そこの部分は感動を盛り上げる為に必要なのは分かるが、その部分のおかげで、真犯人像がぼやけてしまった気がしますわ。当初の犯行から、予想されるべき犯人像があるが、それが全然一致してない気がw
・・・恐らくはそれは真犯人の「役者」の選定に起因している。感動大作にするには間違いでは無い選択だが、それが当初の凶悪犯罪に繋がるかというと、首をかしげるな。

それと、この事件のしかけを進める為には、主人公の杉下右京警部並の優秀な人材が必ず必要なのだが、真相部分では、それが必要だったのか甚だしく疑問に思えてくる。
どうも、後から色々と要素を後付けしていった様な感じ。ヒロイン役の少女が居るのだが、ちょい役な動きばかりで、膨らんだストーリーを繋ぎ合わせる必要な「駒」としてだけ居た気がしますわ。


まあ、トータルで観れば面白かったので、今後もこのシリーズに期待してます~。
[PR]
by narukami_x | 2008-05-22 03:22 | 映画
キバっていくぜ!
体調不良で休んで寝っぱなしだったが、昼ぐらいにいい加減目が醒めてきたので、テレビを点けてみる。
CSI:ニューヨーク2」とかいう米ドラマが放映していたので、観てみた。

普通ではありえない切り口の死体を検証する科学捜査班。
「きっと上からぶら下がって逆さに斬りつけたので、切り口が下斜め上に入ったんだ」

ええ~~っ!?

同じく何かに刺された様な跡がある死体を検証する科学捜査班。
「天井にあなたの足跡が。あなたは空中転回して天井を蹴り、このキュースティックで突き刺したんだ」
犯人「あれは彼が襲いかかってきたからなんだ。正当防衛だ。」
「その後、彼は破片が心臓に刺さっている事に気付かず外出し、途中で倒れた」

えええ~~~っっ!?

そして次の事件という事で、次回予告。
「高所から転落したダンサー。そして謎の刺し傷の死体との関連は!?」
さりげなく流れる『カジキマグロ』の映像。

ええええええええええ~~~~~っっっ!!?



米国の科学捜査班は凄い苦労してるんですな・・・・。


それはさておき、仮面ライダーキバは継続して観てるが、ガルルさんの登場シーンはあれっぽちかよ!?(TT) 配下の怪物くん3人組が活躍しだす迄の道程は長そうだ・・・。
今のところ、キバの最大の見せ場は「親子2代に渡る入浴シーン」かな。

という訳で、今年のコミケはこの方向で申し込んでみました(受かれば)



まあ、いつもと同じネタなのだが・・・。
[PR]
by narukami_x | 2008-02-21 03:28 | コミケ関連
ドラマドラマドラえもん
大山のぶ代のアルカノイド伝説のニュースが流れているな。
前にとんねるズの番組でアルカノイド1コインクリア伝説の検証してたから知ってるが、想像以上にはまってた模様w



それは置いておくとして・・・最近、私はテレビ観過ぎの様な気がする・・・。
基本的に外出する時と寝る時以外はテレビ点けっ放しだからなあ。いや、時々点けっ放しで寝てしまう事もあるか・・。
今期はアニメ以外に実写ドラマまで多く録画しちゃってるしなあ。特撮の「キューティーハニー」と「ウルトラセブンX」と「ネギま!」(特撮か?)
スーパーヒーロータイムとNHK大河ドラマはデフォルトで1年間録画視聴してるし。最近はその上にゴールデンのドラマを視聴。年末終了時迄には貯めた録画観んと・・。


・ガリレオ
福山雅治主演の新本格ミステリー。主人公は物理学の教授で、必殺技は物理公式グラフィティ。ってか、別に物理公式いらん謎解きなのだが・・・。新本格ミステリーはそもそもややこしい過程を経て事件が成立するので、その説明もややこしくなるのだが、そこら辺を科学実験を交えて分かり易く謎解きしてくれるので、好感を持って観てますわ。

・有閑倶楽部
昔、妹がコミック持ってて私も読んでたので、なんとなく視聴。ドラマはドタバタ喜劇で派手だが、コミックはさらに倍以上派手だったりする。
ドラマではリーダー格が清四郎ではなく魅録になってるな。コミックは皆かなり大人びているが、そもそもは高校生なのだから、むしろドラマの位置付けの方が自然かも。内容も一応、押えておくべき部分をダイジェストしてるので、出来は比較的良い方か。まあ、子道具・背景他が大金持ち・良家の子弟の設定の割に安っぽく見えてしまうのはご愛嬌といった所かw

・医龍2
2になって手術シーンがさらに強化されて、放映時間の半分近くが手術シーンといったボリューム。殆どが心臓手術で、毎回必ず手術中に予想外の病変が見付かり、主人公朝田の超絶テクが炸裂。各スタッフの目線カット+BGMがそれを盛り上げる。事件は医局で起きるんじゃない、手術室で起きるんだ!─な感じw ある意味、今期放映のドラマ演出では最高峰かも。

・死化粧師 エンバーマー 間宮心十郎
これはゴールデンじゃなく、深夜ドラマ。日本では正式には認知されていない、遺体保全技術者の話。脇役にウルトラマンメビウスのミライ君が出てるので観てるだけかも・・・。
うーん、一般的に知られてない職業を取り扱うのは良いのだが、主人公は技術者というよりも、直接的に遺体の生前の関係者になってしまってるんだよな。原作があるからあまり弄れないと思うが、少し安っぽいドラマになってますわ。深夜枠じゃ、そんなに凝った作りは出来ないか。
ミライ──じゃなくて、主人公の弟分が後に主人公が遺体を加工する現場を見て、「死神」呼ばわりするのは理不尽だが、主人公に関わった者が次から次へと死んで加工待ちになってる展開じゃ、それも言い得て妙かもw
[PR]
by narukami_x | 2007-12-11 03:45 | 趣味全般
風林火山


あ~、連休が近いので仕事が前倒しな上に、連休中に働いている所の事務所が移転だとかで、全然ゴールデンじゃない予定が詰まってる・・・。
帰宅してから、何かやる気力がなかなか湧かないので、テレビ録画を観ながら、そのまま寝てしまったりしてますわ。
とりあえず、今期から始まったアニメで押さえているのは『エル・カザド』『アイドルマスター XENOGLOSSIA』『DARKER THAN BLACK -黒の契約者-』『sola』『らき☆すた』『地球へ…』かな。
他のアニメについては観れたら観る程度・・・の筈が、仕事が忙しくて、逆に他に何も出来ないので、録ってる奴は全部観ている状態。今まで一番、アニメを観ている気も・・・。
ちなみにアニメと特撮以外は殆ど録っていない・・・。映画はリアルタイムで観るし、ドラマは30分越えた辺りから疲れて眠気を催してくるし、どうせ後で放映する総集編みた方がうまく纏まってるし、バラエティは観ながら寝てしまうわ・・・。もう30分単位しか集中力が持たない今日この頃。
敢えて例外的に観ているドラマは、大河ドラマくらいか。

今年のNHKの大河ドラマは「風林火山」という事で、主人公は武田信玄・・・は、もう何回もやったので、軍師「山本勘助」で一代記をでっちあげてみてますな。

・・・何というか、今年のNHK大河は非常に私好みな内容ですわw

NHKの大河ドラマでいつも気に入らなかったのは、主人公が非難される立場に立たされた場合、必ず主人公の所為では無い理由が現れ、主人公の行動を正当化、もしくはそれを逃げ道として歴史がかなり都合よく解釈されてしまう部分。まあ、主人公を悪として描くのは公共放送局では問題あるが、宮本武蔵や前田利家を取り扱って「いい人」で終わってしまうと、興醒めな感じですわ。
ただ今年に限っては、逆パターンになっているというべきか。毎回の流れは大体こんな風。

不測の事態発生で勘助が青ざめる→危ない綱渡り謀略→
かろうじてうまく行って一安心(口の端をニヤリ)→次回予告
『お前は悪鬼羅刹の様』『非道の輩が』 勘助に罵詈雑言。

実の所、毎回上手くまるく収めている訳だが、隻眼刀傷の凶相、片足が不自由な出で立ちで、間者仕事が多いせいもあって、信玄と千葉真一以外はさっぱり評価してくれない不遇の人。(しかも川中島で死亡予定だし)
要するに悪役が主人公になってしまった感じなんですわ。主人公よりも脇役、しかも悪役の方をいつも物語の評価基準にしている私などは、今回の大河の行く末に興味がある所。
舞台設定も甲斐周辺域のかなり狭い地域で動く為、歴史の大きな流れというよりも、細かい駆け引きによって話が進むのも良いかな。

・・・まあ、千葉真一が好きで観ている部分もありますがw
[PR]
by narukami_x | 2007-04-21 18:37 | 趣味全般
しにがみのバラッド。
小説じゃなくてTVドラマを観ていますわ。ちなみに原作小説はまだ読んだ事はない。


フォーサイド・ドット・コム提供の深夜枠の30分ドラマ版。フォーサイド・ドット・コム提供のドラマはあまり出来がよく無いのだが、深夜ドラマは特撮ヒーロー物に出てきた役者が結構登場する率が高いので、何となく気になって続けて観ております。この前に放映していたドラマ「半分の月がのぼる空」では主人公がマジレンジャーのマジレッドだったりします。

ドラマの方は短編なのだが・・・短編毎の登場人物の方は別に問題ないが、主人公の白い死神と仕え魔が出た途端、ヘナヘナと気が抜ける・・・。餓鬼んちょ仕え魔は演技下手でも仕方がないと思うのだが、死神のたどたどしいセリフ読みと合わさると、破壊的に雰囲気ぶち壊し(TT) 劇場版「どろろ」も一歩間違えたら、あんなんになったのだろうか?
とりあえず、原作ではどうなんだろうと思って検索してみると・・・あれ? あの餓鬼んちょ居ないぞ?
その代わり、死神の女の子と一緒に羽の生えた黒猫がいつも一緒に居る絵が載っている。

───はっ!? ま、まさか、こいつが仕え魔なのか!!?

ますます気が抜けてきた・・・。

猫をそのまま使うのは無理でも、もうちょい、どうにかならなかったのか!?
ドラマはまだ続いているが、原作ファンの間では早くも黒歴史化。
ちなみに私はそれでも観ます。
何故なら、今週と来週の登場人物が仮面ライダー「電王」と響鬼の威吹鬼弟子「あきら」だからだっ!
<それしか無いのか?
[PR]
by narukami_x | 2007-02-22 03:12 | 特撮全般
24 -TWENTY FOUR- と猫


たまには近況報告。

米ドラマ「24 -TWENTY FOUR-」の4シーズン目が真夜中に3話ずつくらい纏めて放映されていたので、寝不足になりながら鑑賞して、そのまま途中で寝てしまうのを繰り返すw
3シーズン目も同じ様に以前に放映されていたので観たのだが、4シーズン目はまたさらに凄い内容。
・・・ってか、どう考えてもリアル24時間で終わる話に見えない。連中は視聴者に見えない移動部分はクロックアップでもしてるのか?
キーファー・サザーランド演ずる主人公ジャック・バウアーはさらに無茶苦茶やりまくり、敵も「スーパーテロリスト」とでも呼べば良いのか、次から次へとテロ計画を芋づる式に繰り出して来る。・・・これ、普通の基準で言えば、シーズン4って「テロ大成功の巻」だよな? 主人公他CTUがやっている事はテロを未然に防ぐというよりも、米国大壊滅テロの被害を「なるべく小さく」留める事だw


そんなドラマを夜な夜な観ていると、時々妙な鳴き声が聞こえてくる事があった。
ドラマでは登場人物の人間関係がどんどん悪くなって、どいつもこいつも怒鳴りあって喋っている。ジャック・バウアーに至っては既にそんな調子に話すのがデフォルト状態だ。そんなやかましい中では、微妙な音など聞き取りようも無く、特に気にするまでもなく、またドラマを観ながら寝てしまった。

翌日。

うーむ。どうも、あの鳴き声は気の所為では無かったらしい。前日よりも近い位置で子猫かなんかが騒いでる様な鳴き声が聞こえてくる。誰か表通りに捨て猫でもしたのか? 真夜中に明かりも持たずによく分からない場所を探して、さらに寝不足を悪化させても仕方ないので、無視する事にした。
ちなみにその時観ていた「24」では、次々にCTU本部に連れ込まれる容疑者が、尋問と言う名の拷問を受けて、よく鳴いていた。

さらに次の日。

ううーむ・・・・、おかしい。
何がおかしいって、まだ日中なのに、子猫の鳴き声が聞こえる。猫の鳴き声が日を経つにつれ近づいて、その日はとうとう私の部屋の窓のすぐ外辺りから聞こえてきた。何かの心霊現象の前触れか?
そんな風に考えて、ワクワクしながら窓を開けて外を見ると、困惑する光景が。


子猫がこっちを見上げて鳴いていた! ☆\(≧∇≦)マンマヤ!


・・・いや、それにしても窓の外はすぐに隣家の境の鉄柵があり、まともに人が歩ける幅ではない。見た感じ誰かが勝手に置いた自動車部品以外、子猫に関係する他の物は何も無い。捨てるにしてもこんな狭い場所に、子猫だけをそのまま素で捨てていく奴が居るとはとても思えない。どうも生まれたばかりのヨチヨチ歩きで、自分であちこち動き回れる様子でもない。
考えられる理由は一つくらいか。親猫が子猫を連れ歩いて、ここでビバーク。
それならば、親猫が帰ってくればまたどこかに移動するので、そのまま放置する事にした。

───暫くして「24」が始まる時間になったが、まだ鳴き声が聞こえる・・・。

拾ってやるのが人情というものだが、日中は仕事で夜くらいしか世話できない。むしろ拾ったら逆に「死亡確定」するかもしれん。本当に親猫が居るのか居ないのか、暗くてどこに子猫が居るかも既に分からないので、もう少し待ってみる。
その日の「24」の内容は、ジャック・バウアーが瀕死の命の恩人を「国家の危機」という理由で、いつもの調子で切り捨てていた。


そのまた次の日。

子猫の鳴き声が聞こえなくなった。

そういえば、実家の猫が子猫を生んだ時、試しに鳴き声が聞こえない場所に何匹か隠してみたら、親猫は特に気にせず、残った子猫の世話だけをしていた。・・・今頃思い出すのもなんだが、ヤバイかも知れない。
ちょっと慌てて脇を覗いてみると・・・最後のマッチ箱を使い切った子猫の姿が!──とかはなく、影も形も無かった。親猫が連れて行ったのか、それとも隣の家の住人がどうにかしたのかも、よく分からない。

「24」の方はというと、その日が24時間目で、国家の危機を救う為、色々と「ヤリ過ぎ」たツケがジャックに回り、とうとう米政府上層部がジャック・バウアー抹殺指令を下す。それを攻殻機動隊(1)のラストのノリでかわし、そのまま行方を晦ました・・・。
[PR]
by narukami_x | 2006-10-13 03:06 | 趣味全般