特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
ウルトラマンマックス 第1話「ウルトラマンマックス誕生」 2005/07/02


『彼は究極の──マックス! ウルトラマンマックスです!』

何でやねん!? ウルトラはともかくマックスは意味ダブッてるわ!

──と、お約束なツッコミはともかく、さっそく始まりました。ウルトラマンマックス。
まあ、今回のウルトラマンはある意味、ウルトラマンとしてのお約束を守りながら話が進むっぽいがw 
主人公カイトはやはり最初は関係無い一般人として登場。・・・でも、今回のウルトラ警備隊である「DASH」は対怪獣防衛チームで、カイトはそこの選考に惜しくも落選したという事だが、それが炊き出しのボランティアで活動? レスキュー隊員ってのは前のウルトラマンネクサスの孤門君で使っちゃったから、とりあえず他に人助け出来る職業にって事か。でも、あそこの組織、ウルトラマンコスモスの時とは違い「対怪獣」を堂々と打ち出してるので、そこに応募する奴とはちょっと性質が違う気がしないでもない。

初回サービスの為か、溶岩怪獣の次は冷凍怪獣が同時出現。2体が対になって出現した理由は、UDF専属のの怪獣生態学者話によれば「自然の摂理」との事。・・・でも、粉々にして倒した筈の溶岩怪獣があっさり復活したのは、著しく摂理から外れているよなw ってか、何で怪獣同士が戦っているんじゃ? 怪獣が増えすぎた人間に対する天敵なら、まず人間を襲わないと意味が無いし、そもそも溶岩怪獣が出現した地域には昔から「龍」の伝承が残っていると冒頭で説明してたから、人間の数に関係無く出現してるんだよな。とりあえず、あのおばちゃんの言う事は、作戦に関係無い部分は話し半分に聞いた方が良さそうだ。

ウルトラマンがいかにしてカイトに憑依するかについては、死ぬ直前の(もしくは死んだ)奴に説明しつつ実は問答無用で乗り移る手段が伝統的で、今回もそれですな。(ネクサスはその部分もかなり違っていたが)
変身方法に関しては「マックスはウルトラセブン改」と事前情報があり、実際のマックスの技もセブン準拠なのでもしかしたら、メガネで変身? とか思ったが、やっぱりさすがにそれは無く、普通にライト風変身アイテムでしたw

第1回目を観た感想は、良くも悪くも期待通り。原点回帰は聞えが良いが、昭和のウルトラマンでは無く平成のウルトラマンをダイナ辺りまで遡った程度の演出だと、インパクト薄いし期待感も無い。まあウルトラマンネオスで一度、初代まで遡ったから再びやる訳にはいかないか。
他にも放映中にCMが多いとか不安な面が見受けられたが、懐古主義だけでは無く「超光速」の謳い文句通りのオリジナルの要素をもっと見せてくれる事に期待しますか。
それにしても、もう一つの謳い文句「MAXパワー!MAXスピード!!」って乾電池の売り文句みたいな言葉だな・・・。
[PR]
by narukami_x | 2005-07-05 04:17 | ウルトラマンマックス
<< アニメ「まほらば」 最終2回で... 『宇宙戦争』 轟き響け! >>