特撮・アニメ・ゲーム等々、鳴神の趣味に染まったお絵描きブログ! 最近、爆裂的に消沈気味!!
by narukami_x
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
以前の記事
ASPアクセス解析
夏に観た映画 その2


職場の近くで祭りをやっている様なので、行ってみた。
通称「だらだら祭り」。期間は9/10~9/21。

・・・・・。

通りに提灯を並べ、神社前に寄付金の表札が掲げられ、御輿もおいてあったが、当番員らしき人たちが適当に座って喋っているだけで、他に誰もいない。1000年の歴史を誇る大きい神社なのだが、9/16の例祭まではこんな調子らしい。

私もなんか最近だらだらし過ぎて、いつの間にか既に9月中旬・・・。もう秋の映画も始まっているが、夏の映画の感想文を一応書いておく。






『炎神戦隊ゴーオンジャー BunBun!BanBan!劇場BANG!!』

戦隊物は定番的な完成度なので特筆する部分は無いが、番組の要素として、ゴーオンジャーの相棒の炎神の体と魂が普段は分離しているのだが、それを話の中心に持って行ったのは短時間ながら巧いな~。


『仮面ライダーキバ 魔界城の王』

戦隊と同時上映で、上映時間としてはこちらがメインなのだが───何か静かだな・・・。

電王の時は結構子供が応援する声とかもあったのだが、戦隊が終わった時点で帰ったりする親子とか、また例年通りに戻った感じ(TT)

今回の売りは敵ボス役のホリケン、3mの巨人仮面ライダー「アーク」なのだが、実はもう1体、劇場版用の仮面ライダーが登場。しかし、アークの部下の怪人、ジェンドルガ4人に活躍時間を奪われ、ストーリー上でも別に居なくても良かった気が・・・。
もう一つの売りは、テレビ放映では時間の壁がある親子が一緒に戦う部分なのだが、主人公の父親って、フリーダムな思想のバイオリニストなので、放任主義しそうな物なのに、息子に激甘w 逆を突いたのは良いが、父・息子で抱き合うシーンとかは、かなり違和感が・・・。同じ様にヒロイン母娘も一緒に戦ったのだが、そちらは二人ともやはりキツい性格で、こちらは「らしかった」感じでしたw

毎年恒例のお祭り映画なので、とっ散らかった印象があるのは仕方がないのだが、纏まりの悪さは出来れば引き継がないで欲しいわ・・・。


『THE DARK KNIGHT』


題名からは分かりにくい「バットマン」映画の続編。正確には「バットマンビギンズ」の内容を継承した作品で、米国では「タイタニック」に次ぐ大ヒット作なのだが、日本では何故かさっぱりな興行・・・。

映画の出来としては今までのバットマン映画の中では最高と思うのだが、敵役が「ジョーカー」で、それについては前のティム・バートン監督映画版のジャック・ニコルソンのジョーカーの印象が強かったし、バットマン映画自体、続編がかなり続いていたので、ハリウッド製特撮映画としての宣伝力が落ちてたんだよねえ。

とりあえず観た感想なのだが───疲れました・・・。

ジョーカー役のヒース・レジャーの怪演っぷりは、主役のバットマンよりも目を引き、正直、あそこまで大活躍するとは思っておりませんでした(^^;
他の特撮映画なら、敵役はあの半分程の出演で話が成立するのだが、もうこれでもかと、悪意に満ちた仕掛けが次々と・・・。
バットマンのVFX部分についても粋を凝らして撮られているので、その部分では目が疲れ、ジョーカーの策略に思い巡らすのに頭が疲れ、さらに上映時間も長いと来てるから、観た人の大部分は疲れると思う。ポニョとは正反対な疲労具合だわ。

映画全体の流れとして、どうもゴッサムシティ自体が、米国社会の問題点を特に浮き彫りにさせてある様で、その背景を理解してないと伝わりににくいシーンがいくつか見受けられた。そこら辺が米国での大ヒットの理由なのかな。


『ハンコック』


ウィル・スミス主演のスーパーヒーロー映画。米国のスラングの「ケツの穴に頭を(以下略)」を文字通りに観れる映画w

先のダークナイトのバットマンは非人間的・超然とした立場で闇の中で正義を執行するヒーローだったが、それとは真逆に堂々と「適当に」人助けをしたあげくに、Youtube動画にまでアップロードされ非難を受け、非常に人間的に思い悩むヒーロー。
ハンコックの存在自体はまるで現実的ではないのだが、周りの一般人の対応は現実的で、そこら辺が面白い。

・・・ただ、思い悩んだ後はまともに更正して、最後の部分がお決まり的な流れに落ち着いてしまうんだよね。現実的な部分とのギャップに笑いがあり、そこに真価があると思うのだが、それが最後まで続かないのは、ウィル・スミスの欠点なのかな・・・?
by narukami_x | 2008-09-13 20:35 | 特撮全般
<< メモ 夏の映画 その1 >>